fc2ブログ


タイトル画像

九紫火星の年は、高級感、高額がキーワード

2018.02.04(20:51) 1968

今日の『日経MJ』に、四半期ごとに行われる「日経消費DI」の1月度調査で景況感の指数が約22年ぶりに、小売りなどの「物販」、「外食」、「サービス」の3分野が全てプラスになったという記事が1面に載っていました。

どうやら景気が良くなってきている実感があるようですね!

外食でも価格を値上げしてもお客様が離れていないということが書いてありました。

昨日は節分で恵方巻を食べた方も多かったでしょう。恵方巻は年々高額化しているようですが、高額の恵方巻は富裕層だけではなく幅広い層で売れていたそうです。

2月4日、立春となり、九紫火星の年になりました。九紫火星の年は、いろいろなキーワードがあります。その二つが高級感、高額です。

今年は、企業はお客様の高級志向に応えられる商品やサービスを考えて、それを打ち出すといいでしょう。また、おひとり様が喜ぶサービスが人気をよぶと思われます。

ところで、今日、夕方にショッピングモールに行きました。冬の夕方になるとお客様が逃げるように早くいなくなる印象があったのですけど、今日は暗くなっても人が多くて、みなさんショッピングを楽しまれていた印象でした。

景気は良くなってきている感じですね!

こうなると問題は、北朝鮮の問題と消費税増税ですよね。

北朝鮮の有事は平昌オリンピック、パラリンピックが終わった後はいつあるかわかりませんし、このまま景気が良くなると消費税は間違いなく上げるでしょう。

先に大きなリスクがありますが、何があろうとも、経営者も社員も縮み志向になるのではなく、明るく、ぶっ飛んでいくことが大切ですよね!

そのイメージは、天下人に”上り詰めようとしている”豊臣秀吉ですね!

政治家も経営者も、リーダーは「豊臣秀吉のごとくあれ!」ですね!

秀吉については、また別の機会に書いてみます。
関連記事

世界を変える企業家たちへ



<<今の政財界に必要なリーダーは豊臣秀吉 | ホームへ | 社会人になってからの勉強>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1968-448f66c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)