fc2ブログ


タイトル画像

仕事ができるようなるためのお金の意識

2009.11.21(00:01) 195

前回の「仕事相談室」では、仕事ができるようになるためには「時間と言う数字」を意識することについて述べました。今日はお金と言う数字について述べたいと思います。

このお金は一つはコストという視点です。

まず自分の一日のコストがいくらかかっているかを計算してみます。単純に年収に1.5倍した額を出勤日数で割ってみます。1.5倍というのは、企業は交通費、社会保険料などを支払っているからです。

仮に年収が400万円の人で、年間休日が100日とすると、(4,000,000×1.5÷(365-110))=23,530円となり、一日23,500円の日給が支払われていることになります。そして一日に8.5時間働いているとすれば、約2,800円ほどの時給が会社から支払われていることになります。

実際には机、備品、賃料などを入れたら、もっと会社は負担していることになりますが、年収400万円の人で、ざっと時給3,000円が支払われていると思ってください。

こうしてコスト面から考えると、無駄なことをしているとお金をどんどん消費していることに気付きます。

まず人件費のコスト面から意識をしてください。自分だけではなく、他の人の人件費に対しても意識をすると良いと思います。


次に経費の面です。仕事をしていると会社の備品、電気、資産をたくさん使います。会社のものなので、コピーやプリントアウトもついつい無駄に使いがちです。経費の面から仕事の中で無駄が無いかを考える習慣をつけるといいですね。


最後に利益です。会社は利益を出すことが大事ですから、常に利益を出すことを頭に入れておきましょう。当たり前のことのようですが、中には製品を安易に値引きしたり、仕入先のいいなりに仕入れをしている人が結構いました。

今、自分がやっている仕事が会社の利益に繋がっているのかを意識するようにしてください。本当に会社のためになっていることなのか、自分だけが良かれと思って仕事をしていないかを考えるといいでしょう。

「時間、お金」という数字に対するちょっとした意識付けで、見違えるように仕事ができるようになるはずです。

関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<家族がインフルエンザに! | ホームへ | 仕事ができるようになるには、数字を意識すること>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/195-8f5d9995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)