fc2ブログ


タイトル画像

仕事ができるようになるには、数字を意識すること

2009.11.20(11:41) 194

仕事ができるようになるには、数字を意識するようにすることです。この場合の数字とは、時間とお金の数字になります。

まず、時間です。仕事においては納期が大事ですが、これについては以前のブログでお話ししていますので、今日は時間の使い方についてお話しします。

時間の使い方では、無駄な時間を極力減らすことがポイントです。

そのためには、毎日、自分の時間の使い方を振り返ることをしてください。

就寝前、又は家で落ち着いたら、朝起きてから、今の時間までの行動を紙に書き出します。そこで無駄な時間が無かったか、もっと効率良い時間の使い方ができなかったかを振り返るのです。

例えば、会議時間。会議メンバーをもっと絞れなかったかどうか。会議時間をもっと短く出来なかったかどうか。

来客の応対。もっと手短に対応できなかったか。30分で済むところを、1時間話しこんでしまわなかったか(これはケースバイケースなんですが、人間関係を深めるために時間を取るのはいい場合も多いです。無駄話の場合だと思ってください)。

作業時間。見積書や作表に時間がかかりすぎなかったかどうか。ワードやエクセルは訓練するとしないのとでは、全く作業スピードが代わります。作業スピードが早い人がいたら、なぜ早いかを聞くのをお薦めします。

聞いてみると、タイピングを練習している人もいるでしょうし、マウスを使わずにPCを使いこなしているからかもしれませんし、エクセルの計算式に精通しているかもしれません。

PCやソフトウェアの操作において自分に足りないものがあれば、休日に家で練習するだけで、随分仕事のスピードが早くなるはずです。


それから時間の使い方で大切なのは、細切れ時間を有効に活用することです。いい仕事をしようと思ったら、時間はいくらあっても足りません。電車を待つ時間に本を読む、昼休みも勉強する、人と待ち合わせしたときに相手が来るまでに本を読むなど、ちょっとした工夫で勉強時間を作りましょう。

ちなみに長時間の勉強や読書をするのがつらい人がいらっしゃいましたら、体力が落ちていることが考えられます。体力が落ちると、勉強の体力も落ちるので、通勤しながら意識的に体を鍛えるようにすることも良いかと思います。

明日はお金の数字の意識です。お楽しみに。

<続く>
関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<仕事ができるようなるためのお金の意識 | ホームへ | 秋山兄弟が軍人になった理由とは?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/194-d6a89c05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)