FC2ブログ


タイトル画像

給料を上げられない会社がするべきこと

2017.11.16(23:52) 1917

ニュースなどで人手不足という言葉をよく目にします。

そういえば、来年4月の新卒者の6割が内定を辞退したというニュースもありました。売り手市場なので、より良い条件の会社に内定者が移っているのでしょう。

今の日本は、仕事を選びながら、いつでも就職できる環境になりつつあるのかもしれません

私も求人サイトを少し見てみました。

しかし、給料は安いですね。

私は管理系のマネジャーの仕事で見たんですけど、年収ベースで「安いなぁ」と思いました。

こんなことを書くと経営者の方に怒られますが、求職者に経営者レベルのスペックを求めているのにも関わらず、給与はそれほど良くないのです(具体的に書くのは控えます)。

雇う側は、ものすごく高いレベルを求めているんですけど、それに見合う給料は出せないというところなのでしょう。

日本はずっとデフレだったので、給料を安く抑えることが染みついているようです。

給料を上げられない会社は、とにかく会社の魅力を上げるしかありません。

会社の魅力を上げるには、経営者が魅力ある人になることが必要です。

では、経営者の魅力を上げるにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、経営者が社員に対して愛の心を持ち、経営に対する知恵を備え、謙虚な姿勢で、かつ大きなビジョンを持っていることです。

人が情熱を注げるビジョンを持っていて、そのビジョンを実行する意志のあるリーダーに人はついていきたいと思うはずです。

「こういうリーダーになりたい」と思われるなら、経営計画書を策定すると、その道しるべができます。

そのためには自己研鑽が必要ですが、これからの時代は単に金儲けがうまいというだけでは人心が離れ、長く成功しないでしょう。

社員が心からついていきたいと思うようなリーダーにならないと、経営が成り立たない時代に段々なってくると思います。

人手不足は、経営者にイノベーションを迫ることになります。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

世界を変える若き起業家たちへ



<<好きな曲 『Don't Let Me Down』 | ホームへ | 人がつくったものは、遅かれ早かれ陳腐化する>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1917-0852bdc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)