タイトル画像

石の上にも三年ではなく、六年?

2017.11.14(23:37) 1915

「石の上にも三年」という言葉がありますね。冷たい石の上でも3年座っていれば暖かくなってくるということで、辛抱強くやっていれば必ず成功するというたとえに使われています。

会社などでも、「3年は辛抱しろ」と、よく使われる言葉ではないでしょうか。

私が独立してからのことを振り返りますと、継続してやっていける基盤といいますか、何とかなるかなと思うのに6年はかかったと思います。

だから、「石の上にも三年」ではなく、六年ですね(笑)。倍です!(笑)。

いろいろなケースがありますのであくまで一つの目安ですが、6年やってみて、何も成果が上がらない場合は、努力の方向性が間違っているかもしれませんね。

行くべきではない方向で努力をしているということです。

ただし、6年やってみて、進路を変更すると、時間がだいぶ使ってしまいます。

どんな人も時間は有限で、貴重な財産です。6年辛抱するよりも、3年で振り返りをしてみた方がよろしいかもしれません。

「これが自分の一生の仕事だ」という確信がない場合は、3年頑張ってみて成果が上がらないようでしたら、ステージ(仕事をする場所)を変えるか、努力の方向性を変えるかをした方がいいと思います。

これは、大きなカテゴリーでくくると同じことでも、細部になると違ってくるということがあるのです。

たとえば、「人に何かを教えることをしたい」と思って、教員になったとしましょう。その人は教えることが好きでも、教える科目が自分の価値観にピッタリなものでないと苦しくなるのです。
本当は、日本の歴史を教えたいのだけど、仕方なく英語を教えているだとかですね。
あるいは、本当は社会人教育に関心があるのだけれども、今の仕事は受験生に数学を教えているということとかです。

このように大きなカテゴリーでは同じでも、仕事を細分化したら、やることは全然違うものになりますから、自分のステージや努力の方向性が合っているのかを振り返るのは大切なことなのです。

一つの区切りとして、3年で成果を見て、自分の価値観と仕事を振り返ると良いと思います。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<人がつくったものは、遅かれ早かれ陳腐化する | ホームへ | 幸楽苑、1割の店舗を閉鎖>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1915-8f09aa4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)