タイトル画像

自分が帰るべきところを教えてくれる書物

2017.11.09(22:35) 1911

昨夜、上智大学名誉教授、渡部昇一先生の著書を読んでいました。



その中の1節に、「無欲であることは、素晴らしいことなのか?」というのがありました。

一部引用します。

 「お金なんてなくても・・・・」と同じくらいよく耳にするのが、「別に何も名を残さないで死んでもいい」というような言い分だ。

 <中略>

 まったく自分の将来に関して「無欲」であっていいものだろうか。
 私はそうは思わない。結果はどうあれ、「君子たるもの、世に名が聞えるようになりたい」という志はなくてはならないと思うのだ。
 この志もないまま「自分は無名で終わってもいいのだ」などと言うのは、単なる無気力に、「欲がない」という衣を着せているだけのように見える。何にも挑戦できない自分の臆病さを、本気で頑張ることをバカにすることで、ごまかそうとしているのだ。

 <中略>

 「世に名が聞えるようになりたい」というのは、健全な念願である。大志を抱いてこそ、人は成長し、失敗しながらも自分の道を見つけていくものだからだ。



全部を引用できませんが、ここで渡部昇一先生がおっしゃりたかったことは、自分の人生に対して志を抱くことの大切さです。

私もこうした志を忘れかけていました。

独立して8年半、仕事をして、勉強をして、ブログを書いて、論文や文章を書いているんですけど、「まぁ、そこそこ頑張っているかな」という気持ちになると、「普通に人様のお役に立てて、家族が生活できればいいかな。それも人生かな。」みたいな感覚に段々なってくるんですよね。

今の自分に安住(あんじゅう)してしまう感じです。

たぶん、50歳を超えた人なら、この感覚がよくお分かりだと思います。

しかしながら、私は渡部昇一先生のこの本を読んで、「これではいけない!」と思ったんです。やはり、自分が持った大志は忘れてはいけないし、「こんなもんかな。」みたいなことになっては、アカン!と思ったんです。

時折、自分を奮い立たせてくれる本を読むことは大事ですね。

自分が帰るべきところを教えてくれる書物があることは、とても大切だと思います。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<ビートルズが落ちたオーディションと解雇されたピート・ベスト | ホームへ | 情報に対する肌感覚を大事にする>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1911-38017064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)