タイトル画像

朝鮮半島有事は3か月以内か

2017.11.06(18:48) 1908

日米首脳会談が行われました。日米FTAが出なかったところを見ると、アメリカ国内向けに貿易赤字のことに触れてはいるものの、今回のトランプ大統領の訪日は、朝鮮半島有事の最終確認ということですね。

朝鮮半島有事は、次の2つが起きない限り、あるでしょう。

1.北朝鮮の指導者がロシアか中国に亡命をする

2.北朝鮮が核・ミサイルを放棄する


2の可能性はないでしょう。あるとしたら、1ですね。可能性は低いですが。

トランプ大統領がどうでるか分かりませんが、韓国にいるアメリカ人や日本人に退去の勧告をするのと同時に、北朝鮮の指導者に亡命のチャンスを与えるかもしれません。

有事のタイミングは3カ月以内と私は見ています。2018年の1月末までの間ではないかなと推測しています。

ただ、もし北朝鮮内部でクーデターが起きると、中国人民解放軍やロシア軍も入ってくるでしょうから、ややこしくなりますね。

また、米軍を中心とした国連軍が軍事行動をしたとしても、北朝鮮をどのように統治していくのか、どのように復興していくのか、韓国経済をどのようにして立て直していくのかなど、課題や問題が尽きません。

米軍を中心とした国連軍の攻撃は一瞬で終わるでしょうけど、問題はその後です。

なお、日本経済は更によくなるでしょうね。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<大塚家具はヤバイですね | ホームへ | パレートの法則の落とし穴>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1908-0c3027ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)