タイトル画像

良さが分かるときというのは、タイミングがある

2017.11.02(20:11) 1904

現在のドラマで「陸王」(りくおう)というのをやっています。まだ2話ですかね、池井戸潤さんの原作なので面白いかなと思って見ています。

そこで、寺尾聰(てらおあきら)さんが出ていたので、久しぶりに「ルビーの指輪」でも聴きたいなと思い、YouTubeで検索しました。

私は寺尾聰さんが若い頃、この「ルビーの指輪」を唄っている頃とか、西部警察の頃は好きではなかったんですね。「ダーティハリーぽくしているけど、変!」みたいな感じで、私の中ではイマイチだったんですが(すみません)、この人は歳を重ねて、かっこよくなった人ですよね!

若い頃より、中高年になってからの方が、かっこいい方だと思います。

渋くて、雰囲気のある歌い方をしますし、俳優としての演技も凄い人ですよね。

で、実は、ここまでが前置きでして(笑)、そのYouTubeの下の方に、安全地帯の「ワインレッドの心」があったんです。

それで聴いたんですけど、聞き入ってしまいました。

玉置浩二さんって、本当に歌がうまいんですね(笑)。ファンの方なら「何を当たり前のこと言うてんねん!」と思われるでしょうが、私が若い頃は安全地帯はいいと思いませんでした(これまた、すみません)。

でも、今聞くと、ほんとう聞き入ってしまうというか、心を揺さぶられるものがありました。

人でも、歌でも、自分自身にとって、「響いてくるときと」いうか、「その良さが分かるとき」というのは、タイミングがあるんですね。

安全地帯の「ワインレッドの心」を聞いて、つくづく思いました。

そういえば、当時の日本では、歌謡曲も力がありましたし、ポップスもいい唄がいっぱいありましたね。最近はあまりヒット曲が出ませんが、最近の曲は、構成が少し複雑かなと思います。

もっと時間も短く、シンプルな曲がいいと思うんですけどね。
そして、すっと口ずさめる曲ですね。

たぶん、すっと口ずさめるシンプルな曲の方が心に染み入ってきやすいと思います(昔の童謡がそうですよね)。

ちなみに、CDの「ワインレッドの心」より、ステージで歌っている方がいいと思います。(^^)

安全地帯の「ワインレッドの心」



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<世界の枠組みが変りつつある | ホームへ | 人によって似合う色ってあるんですね(笑)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1904-ae6454a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)