タイトル画像

人間がマネジメントできる数は大きくない

2017.10.29(23:39) 1900

みなさんは、銀行のサービスって、便利だと思いますか?

借り入れはとりあえず置いておいて、公共料金の支払やお金の引き出しなど不便だなと思うことはないですか?

公共料金は今や自動振替でなければ、コンビニで払いますよね。銀行に持っていくと待たされるし、紙に支払金額を書かされます。

窓口は3時に閉まりますしね。

また、お金を引き出すときには、ゆうちょ銀行以外だと18時以降に手数料がかかります。最近はコンビニにATMがあり便利になりましたけど、以前はその銀行のATMに行かなければいけませんでした。

ただし、通帳の記帳は今でもその銀行だけですし、通帳を繰り越す時には「通帳繰り越し機能」があるATMまで行かなければなりません。

お金を借りる経営者や住宅ローンを組まない人にとって、銀行はメリットのない経営をしているなと思っていましたが、三菱UFJフィナンシャルグループが店舗の2割を削減するという発表を行いました。みずほ銀行も大幅な人員削減をするようです。

銀行は固定費が高いビジネスでしょうし、低金利が続き、企業の借り手が減り、フィンテックによって金融の競争が激しくなれば銀行が勝ち残るのは難しいでしょう。

以前は、規模の大きさが企業の強みと安定を生んでいました。

しかし、最近のように時代の変化が早くなると、巨大な組織は変化することが遅いので、経営危機になり易いです。

また、経営判断をミスしたときに、それを取り戻すまでに大きな支出を伴います。


私は、人間がマネジメント(又は統治)できる数って、そんなに大きくないと思うのですね。

100人とかではなく、数十人じゃないですかね。

だから、自分が把握でき、マネジメントできる数十人以外は、誰かに任せないと回らないと思うのですよ。

それだけに、人って重要なんですよね。




応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<暇波動は、人の自信を失わせる | ホームへ | 遠足でしか食べられなかったチョコレート>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1900-183d0648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)