タイトル画像

選挙についての考察

2017.10.23(21:08) 1896

今日の日経平均株価は、始値21,709円、高値21,723円、終値21,696円でした。先週にブログに書いたように21,700円まで日経平均株価が来ましたね。

選挙期間中もずっと株価が上昇していましたが、それは世論調査で「与党が優勢」ということを受けてマーケットが好感していたのでしょう。それゆえ、選挙の結果が出ても、それほどサプライズではないので、普通だったら100円上がる程度で落ち着いたのでしょうが、前日比で240円も上がりました。

これは何を意味しているかといいますと、「日本の株価は、まだ安い」と外国人投資家は思っているということなんです(投資は自己責任でお願いします(笑))。

明日辺りは少し値が下がるかと思いますけど、少し下がる機会があったら、またグッと上がり、22,000円になるでしょう。

しかし、選挙って難しいものですね。不倫していたかどうかは知りませんが、某女性議員は当選しましたし、まじめに頑張っていた人が落ちています。


ここからは、特定の候補のことではなく、選挙について一般論で考察したいと思います。

現代の政治の世界を戦国時代になぞらえると、国盗り物語ですよね。戦国武将や大名が国を取り合い、他国を支配下に置くようなものです。

現代の政治と戦国時代の最大の違いは、武力を使うかどうかだと思います。

戦国時代は武力を使えば良かったのですが(もちろん領民への善政も必要です)、今の時代は武力で制圧するのではなく、有権者に支持されなければなりません。

戦国大名なら領民に頭を下げることはないでしょうけど、今の政治家は選挙のたびに頭を下げて投票をお願いしなければなりません。

ある意味、特殊な能力が求められるのです。私なんかまったく持っていない能力です(笑)。

まぁ、若い人で政治家を目指す人は、誰かの後ろ盾なしにゼロから経営をしてみるといいと思うんです。

起業する力と、選挙に当選する力は似ているような気がします。それに政治家には、外交的な感覚も必要ですけど、経済経営に対する感覚が鋭くないと国の運営を誤ってしまいます。

起業の経験をすることによって、いろいろなことが見えてくるので、それが政治家になったときに活きてくるでしょう。また、経営をしていく中で、自分が政治家の適性があるのかどうかも見えてくるように思います。

ここでのポイントは、誰かに”ポン”と立場を与えられてやるんじゃダメだということです。

何の後ろ盾がなくとも、とことんやってやる気概くらいなければ、政治家にはなれないでしょうね。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<無印良品のレジ対応 | ホームへ | 今ミサイルを撃つと>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1896-d4e71fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)