タイトル画像

厚かましいくらいの自信を持て!

2017.10.07(13:57) 1886

この季節になりますと、プロ野球選手の引退や戦力外通告があり、寂しい気持ちがします。

プロ野球に選ばれる人たちなのですから、普通の人よりはるかに強く、運動ができ、厳しい練習をしていると思います。

なぜ成功する選手と短い期間で戦力外になる人がいるのでしょうか?

この答えを出せるチームがあれば、育成は100%に近づくことになります。

ただ、完全な答えではないけれども、要素のいくつかは挙げることができるかもしれません。

私は、一つは自信だと思うのです。

自分自身を信じれることですね。運でも、体力でも、センスでもいいので、何か自信を持つことだと思います。

そして、その自信は、厚かましいくらいの自信でないといけないのでしょう。

プロ野球に限らず、実力がものをいう世界では、厚かましいくらいの自信がなければ、なかなか成功できませんよね。

経営している人、独立自営をしている人ならよくご存知でしょうが、自分のライバルなんて、無茶苦茶いますよね?

それに今の時代は、どこからどんなライバルが出てくるか見当もつきません(笑)。

イモ洗いのプールのように(笑)、さまざまな会社や個人が混ざり合いながら、競い合って成功を目指しているように私には見えます。

だから、ちょっとくらいの自信じゃ、ダメなんです(笑)。「その自信、厚かましすぎるやろ。」と思われるくらいで目立つんです(笑)。

でも、嫌われたらダメですよ。そこが難しいんですけどね。「人から愛されるキャラであること」も大事なんです。

そのためには、人が嫌がることを率先してやるとか、心を込めて仕事をするとか、相手が思っている以上のサービスをするとかですかね。

それと、しんどい経験をしたことがあることはプラスになるでしょう。

いつも日の当たる場所だけを歩いていたわけではないということですよね。

それは、内容を具体的に人へ言う必要はありませんが、地べたを這うような経験をしていれば、相手を思いやれるはずです。

そうした経験が優しさになります。

厚かましいくらいの自信と人に好かれるキャラが大事だと思います。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<マイルストーンを達成して満足しない | ホームへ | 紳士服の業界はマーケティングが難しい>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1886-dc6bee7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)