タイトル画像

ひらめきを当てにし過ぎない

2017.10.01(20:17) 1880

今日もスピリチュアルな人が気をつけた方がいい点について、書いてみたいと思います。

それは、ひらめきを当てにし過ぎないことです。

私は、インスピレーションといいますか、ひらめきを大切にしている方です。しかし、ひらめきが全部正しいというのは、それは違うのではないかなとも思っています。

スピリチュアルなことに関心のない方は驚かれるかもしれませんが、スピリチュアルなことが好きな人は”ひらめき”(何らかの霊的存在によるアドバイス)によって、人生の重大な判断をすることが往々にしてあります。

重大な判断とは、例えば結婚相手だとか、就職、転職、経営者として独立すること、経営判断などです。

ただどうなんでしょうか。そうした”ひらめき”によって人生の選択をしたパターンで、うまくいった例を、私はあまり知りません。

ところが、意外なことに、嫌々でも「なぜかそうなってしまった」ような境遇に身を置いて、頑張っていると不思議と道が開けてうまくいくのです。

ポイントは、その時はその選択をするのがすごく嫌なんです。

でも、今の状況では、その選択をせざるを得ないのです。あるいは、周りの”人間”からの強い押しがあって、そちらの道へ行かざるを得ないように持っていかれるのです。

しかし、そこで投げ出さずに継続して努力していると、次の成功や幸福の布石になっているんですね。

自分の希望ではなかったけど、トントンと、あっという間に話が進んで「こうなった」という環境は、行くべき環境なのだと思います。

嫌な予感がしていても、それを経験すべきといいますか、そこで出会う人がいたり、知識を学ぶ機会があったり、その場所に行くべきことがあったりするんですよね。

だから、むしろそうした流れがきた時には素直に受け入れたらいいと思うんです。

「天啓が来た!」みたいなことで自分の進路を決定するのではなく、周りの”人間”の「言葉」や「自分の立ち位置の変化」を注意しておくとよいでしょう。


ひらめきはあります。それが正しいこともあります。

しかし、その精度は分かりません(笑)。思い込みもあります。ネガティブな気持ちに引っ張られていることもあります。

道を正しく選択するヒントは、自分の身近な人の言葉にあるんだと思います。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<本の紹介『統計学が日本を救う』西内啓著 | ホームへ | 肉体が人生に与える影響>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1880-0d222905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)