タイトル画像

1人当たりのGDP

2017.09.02(23:00) 1864

夏休みが終わり、学生は学校に行き出しているようです。

夏に様々なところへ旅行に行かれた方も多いでしょう。

さて、一般に「レジャー」と言われる「余暇」、「自由時間」を利用した娯楽、旅行、遊びなどですが、これらは貴族や富豪の占有でした。

みなさん、レジャーを一般市民を持つようになったのは、いつからだと思われますか?

ドラッカーによると、1914年以降だそうです。

ほんの100年前にはレジャー(余暇、自由時間)を持てたのは、貴族と富豪だけだったんですね。

生産性の向上によって、一般の人たちの可処分所得と購買力の大幅な増加がもたらされました。そして、教育と医療も向上したのです。

言葉を代えると、生産性が向上して、労働時間が短くなり、給料が上がり、豊かになっていったということですね。

ところで、日本はGDPでは世界第3位です。

でも、豊かさを実感している人は、少ないと思うのですね。私もそうです(笑)。

では、一人当たりのGDPは世界の中でどれくらいか、ご存知でしょうか?

IMFの2015年の資料によると、日本はなんと、世界27位です!

アメリカは、日本の1.5倍豊かです。日本より儲かってそうに見えない(笑)イギリス、フランスは、1.25倍豊かです。オーストラリアなんて、日本の倍近く豊かです。私が10年前くらいに行ったヨーロッパの国、ドイツ、オランダ、フィンランド、ノルウェーは、日本より豊かです。確かに行ってみた実感として、ビジネスマンの人はゆとりがあるように見えました。

日本より下の順位は、ロシアやポーランド、韓国、中国です。これらの国も10年前に行ってみて、「そうだろうな。」という実感があります。IMFのデータは、合っているのでしょう(笑)。

日本は、人口の多さで、ドイツ、フランス、イギリスよりGDPが大きく、世界3位のわけで、国民一人当たりは、27位でしかないということです。

日本人は、豊かになるためにGDPを増やす=生産性を上げていかなければなりません。

そのためには、社会人がもっと勉強して、新しい知識を学ぶ必要があります。

特にマネジメントは、「何となく知っている」人が多いでしょうから、しっかり学べば成果がかなり上がるはずです!

ぜひ、ドラッカーの著書を1冊だけではなく、何冊も学ぶことをお薦めします。


応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<北朝鮮の核実験と電磁パルス爆弾 | ホームへ | ルーキー小野泰己投手のプロ入り初勝利!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1864-5111ead4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)