タイトル画像

会社を潰さないようにする会計のお話 1

2017.08.23(23:17) 1858

今日は、会社を潰さないようにするための会計の話をします。

会社を潰れないようにするには、簡単な話で、現金、預金を持っていれば良いのです。変な言い方をすれば、会社はお金があれば、お客様がいなくても倒産しません(笑)。

固定費(人件費、水道光熱費、家賃、営業経費など)を10年払えるお金があれば、会社は10年持ちます。

では、どれくらいを目安にしたらいいでしょうか?

まず、現預金は、月商の1.7か月分以上を持つようにしてください。

できれば、月商の2か月分、3カ月分がいいです。これ以上を持つことを目標にしてください。

もし1.7か月より現預金が少ないのであれば、銀行から長期借入金を借りるようにしてください。それも借りれるだけ一杯借りると良いです。

借入の話は、のちの機会に詳しくお話します。

会社を倒産させないお金の目安について続けます。

流動比率という言葉をご存知でしょうか?

会社の健全性を見る指標と言われています。

貸借対照表(BS)の左側の「流動資産」と右側の「流動負債」を使います。

ここで流動という言葉は、1年以内という意味です。

すなわち、流動資産は、現在持っている現預金や1年以内に回収される資産であり、流動負債は1年以内に返済しなければならない負債のことです。

具体的には、流動資産は、現金、普通預金、売掛金、在庫などです。流動負債は、買掛金、短期借入金、未払金などがあります。

そして、流動比率とは、「1年以内に回収する予定のお金と現在持っているお金を足したもの」と、「1年以内に決済しなければならない負債」との割合も見るものです。

式で書きますと、

流動比率=流動資産÷流動負債

これの守るべき指標は、120%から150%です。

続きは、次回に。


応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<会社を潰さないようにする会計のお話 2 | ホームへ | コード・ブルーのヘリの会社は?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1858-2f20eb9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)