タイトル画像

衰退している会社は、人事がうまくいっていない

2017.08.15(23:11) 1853

その会社や組織が成果を挙げられるかどうかは、人事を見ればわかります。

過去に実績がある人を的確なポストに付けている会社は、成果を挙げられます。

しかしながら、過去の実績ではなく、学歴など仕事に関係ないものでポストを抜擢している会社や組織があれば、衰退するか、あるいは官僚化するでしょう。

逆に言えば、衰退していっている会社や組織は、人事がうまくいっていないのです。


経営トップは、人事に最も時間を使わなければなりません。

しかし、仮に時間をたくさん使ったとしても、人事で成功するのは三分の一、まあまあが三分の一、失敗が三分の一でしょうね。これでも良い方だと思います。

ピーター F.ドラッカーは、「人事に完全無欠はありえないが、10割に近づけることはできる」と言っています。

そして人事の手順を4つ挙げています(『P.F.ドラッカー経営論』ダイヤモンド社)。



1つ目は、「仕事の中身を詰める」ことです。

仕事の中身は常に、そして思いもかけずに変わっていくので、その仕事は何をなさなければならないかを明確にすることです。


2つ目は、「複数の候補者を検討する」ことです。

あるポストの候補者は、常に3人から5人の者について検討するようにしてください。

候補が一人ではダメです。


長くなりましたので、続きは次回に。


応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的経営成功法」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<人事において守るべき手順 | ホームへ | お金を払っているから、何でも許されるというものではない>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1853-92a0a137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)