タイトル画像

肉体に対する中道

2017.08.11(16:05) 1850

前回、阪神タイガースの鳥谷敬選手のことを書きました。プロ野球選手というのは、鳥谷敬選手に限らず、どこかしら痛いところがあり、だましだましプレーをしているらしいですね。

ピッチャーも1年間で調子がいいのは、数試合しかなく、ほとんどの試合で調子が悪いなりに試合を作ることが求められると聞いています。

こうしたことはプロ野球に限らず、一般的なビジネス社会においてもありますよね。

例えば、年齢が上がれば上がるほど、万全な体調はなかなかないと思います。

若いうちには体力があるので、なんてことがなかったことでも、40歳後半から50歳を超える頃になると、シンドイことがでてきます。

例えば、悩みがあったり、体調不良になったりすると、なかなか寝付けない、眠れないという夜があります。でも、翌日も朝早くに起きて、満員電車に乗り会社へ行って仕事をしなければいけません。

夜に眠れないだけでなく、朝早くに目が覚めて、あまり寝ていないのに、仕事に行く日もあるでしょう。

頭痛がしたり、お腹の調子が悪かったり、どこかしら調子が悪いけど、お客様のところへ行くとか、大事な打ち合わせや会議に出席することもたくさんあると思います。

そうして、シンドイながらも、踏ん張って仕事をしている人は偉いと思いますし、そうした人が社会を支えているのだろうなと考えます。

人間は、肉体を持っていることで、それに伴う喜びもありますし、同時に苦しみも持っています。

苦しみだけを減らして、喜びを維持できればいいですけどね(笑)。

しかし、実際、肉体の苦しみは、肉体を過度に喜ばせたことが原因だというのも多いと思います(特に偏った食事や飲みすぎ・喫煙)。
あとは、過度に使った場合ですね。

過ぎたる欲は、身を滅ぼしますが、肉体に対する過ぎたる行為は、肉体を苦しめる原因になります。

肉体に対する中道も大切なんでしょうね。



励みになりますので、よろしければ応援クリックをお願いします! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的経営成功法」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<半島有事の際、一般的な問題か特殊な問題かを見極める | ホームへ | 鳥谷敬選手を変えたものは、数字だった!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1850-33857665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)