タイトル画像

8月から10月は、世界の分水嶺

2017.08.03(15:10) 1845

少し時間が経ってしまいましたが、北朝鮮がICBMを発射した話題です。

米国防総省も5,500キロメートル以上の射程であったことを認めています。もう完全にレッドラインを超えていると思うのですが、今後のアメリカの対応は二つですよね。

一つは、アメリカが北朝鮮を攻撃し、北朝鮮という国を滅ぼしてしまうこと。この選択肢は、北朝鮮の人民や日本、韓国、米国の一般人に多数の死者が出ることになります。

もう一つの選択肢は、アメリカが何もしないというものです。一見、平和そうですが、未来は全く逆です。

先の選択肢は、人類初の核保有国同士の戦争が起き、局地的に悲惨なことが起こるのですが、このアメリカが何もしない選択は、世界が混沌としていく恐怖のシナリオでもあります。

これは、どんな小さな国でも核を持ってしまえば、アメリカは何もしてこないということになるのですね。

そうしたら、核を持っている国は、核を持っていない国を脅し放題、好き放題にできるわけです。ある意味、世界の終わりの始まりです。

日本もアメリカが守ってくれなかったら、北朝鮮の言いなりになるでしょう。中国も尖閣どころか、沖縄にも攻めてくるでしょう。

独裁国家が、暴力(核兵器)によって世界を支配する時代が来るのか、アメリカを中心とした民主主義国家が世界を抑えるのか、その分水嶺になるのは、今年の8月から10月だと思われます。



励みになりますので、よろしければ応援クリックをお願いします! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的経営成功法」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<カフェデリでの小話 | ホームへ | 民主主義における政治の責任は、国民にある>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1845-b011a56f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)