タイトル画像

個人事業や士業の鍵

2017.07.21(17:46) 1839

Facebookを見ていますと、個人事業、あるいは小規模企業を作って独立している人が多いなぁと思います。

25年前くらいだと(笑)、ほとんどの人は、どこかの会社に所属しないと生きていけませんでした。

ところが、ここ10年のインターネット環境の発展によって、設備投資をあまりかけずに、低額で簡単に独立できるようになりました。

それによって、良く言えば、たくさんの人にチャンスができたということですね。

逆に、マイナス面では、失敗する人をたくさん生み出すということがあります。

つまり、20年前だったら、決して独立せず会社に属していたような人が、独立することによって「1対多」の激しい競争に飲み込まれているわけです。

そして、個人事業は、ビジネスを通じて人間関係を広げていく必要があります。

ところが、よく勉強をして資格を取って独立したような人ほど、組織にいたとき(サラリーマンのとき)に人間関係を広げていなかった人が多いのではないでしょうか。

「おい、付き合えよ!」と同僚に飲みに行くのを誘われても、「あ、俺はいいよ。」とか言って、内心「あんなやつらと飲みに行ったら時間が勿体ない。俺は家で勉強して、資格を取って会社を辞めるんだ!」なんてやっていた人もいるかもしれませんね。

ストイックな人ほど、「人付き合いが悪い」と言いますか(笑)、本質は人間嫌いの人が多いのかもしれません。


なぜこんな風になるかと言いますと、これは自分に厳しく学習していく心と、人間関係を広げることは、ベクトルが違うからなんです。

自分に厳しく学習をしていくような性格というのは内に向くベクトルです。そして、少々嫌な人とも人付き合いをして、人間関係を広げていくのは外に向くベクトルです。

全く方向が逆なので、同一人物が、この両方のベクトルを持つのは難しいのです。

たまにいらっしゃいますけどね、両方を兼ね備えた人が。

でも大抵はどちらかのベクトルが強く出ます。

だから個人事業や士業などで内向きのほうが強くでてしまうパターンだと、人が寄ってこないということになり、うまくいかないんですね。

そう考えますと、外向きのベクトルが強い人の方が人を引き寄せますので、創業のスタートは成功しやすいでしょうね。そして、成功したら、内を固められる人と組めばよいのです。

内向きのベクトルの人は、基本は組織に属して雇われた方が良いということになりますね。あるいは、外向きのベクトルの人とパートナーを組むことです。

ただ、どのような方法を取るとしても、ビジネスの上では人との付き合いがあります。

人を好きになることが鍵かなと思います。



励みになりますので、よろしければ応援クリックをお願いします! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的経営成功法」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<完璧な人は、いません | ホームへ | 強みが弱みに転じるとき>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1839-1ed4588f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)