タイトル画像

強みが弱みに転じるとき

2017.07.18(14:39) 1838

ビジネスにおいては、強みが弱みに転じる時があります。

この説明の前に、ビジネスマンが会社組織で成功する方法をお話しましょう。

会社では、時折「その会社で初めてする仕事」というものがあるますよね。

例えば内部統制をするだとか、新規事業に乗り出すだとか、株式上場をするだとか、いろいろあります。

そういう時に、もし「やってみないか」と配属の話がきたら、チャンスだと思って受けるのが一番です!

なぜなら、その「会社が初めてする仕事」について分かる人が、あなただけになるからです。

これは、強みになりますよ。ほかの人は、分からないわけですから。

しかし、そうした強みも、時が経つと外部環境や法律が変化することによって、不要のものになることが往々にしてあります。

そのときに、自分の強みに固執していますと、強みのある分野の仕事しかできない人間として淘汰されてしまいます。

それゆえ、強みをもっている間に、時代の変化に応じて、今の強みを発展させておくか、全く別の強みを開拓しておくといいですね。

知識が陳腐化するように、強みも弱みに転じるときがあります。

「明日から、この仕事いらないよ。」と言われても困らないように、常日頃から新しい知識を吸収しておくことが大切です。

仮に、全くやったことのない仕事を任されたとしても、自分が”生きていくための武器”を作ることだと思って、前向きに取り組んでみてください。

すると、不思議なことに新しい道がきちんとできていると思いますよ。



励みになりますので、よろしければ応援クリックをお願いします! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的経営成功法」
儲かる経営の方法を指導します! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<個人事業や士業の鍵 | ホームへ | 墓場まで持っていくのが、みんな幸せってこともあります(笑)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1838-ad44ada5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)