タイトル画像

生産年齢人口の割合をご存知ですか?

2017.07.04(14:54) 1832

みなさんは、日本の生産年齢人口(15歳~64歳)が全人口に占める割合はどれくらいだと思われますか?

総務省のデータによりますと、2015年で60.6%という数字になっています。

これ、凄い数字だと思いませんか?

そして、2020年、もうすぐですけど、そこでの推計値は、53%です!

つまり、数字的には、2020年、全人口の半分しか働く世代がいないというデータです。

そら、人手不足になりますよ。

この人口の推移から考えられることがありますね。

1.定年制は、間違いなく伸びる。
  65歳どころか、75歳までは行くのでは?

2.一生働き続けられる仕事を見つける必要性
  年金支給額は減らしていかざるを得ないので、年金に頼らない生き方が求められます。
  70歳、75歳になっても働ける仕事を見つけないといけないでしょう。
  また、二世帯、三世帯で協力しながら生きていくことも必要になるでしょうね。


ところで、こうした事実は脅威ではありますが、ビジネスにおいては機会と見るべきですね!

つまり、人口推移の予測データを見ながら、困る人のことを体系的に列挙してみるのです。

どのような人に、どのようなお困りごとが出てくるのか?

また、人々の考え方も徐々に変わっていきます。人々の趣向の変化にも注目して、事業をイノベーションしていく必要があります。

そういえば、お昼にデパートやスーパーのお中元売り場に行くと、お年寄りばかりです。昼の時間帯に生産年齢人口の人が行けないというのもありますが、おそらくお中元やお歳暮をする習慣が明確にあるのは、今の高齢者世帯でしょう。

それらの世代が亡くなったら、お中元やお歳暮をする人がほとんどいなくなると思われます。

そしたら、バレンタインデーの「自分チョコ」ではないですが、「自分お中元」や「トモ歳暮」みたいな何か若い世代に遊び心で中元、歳暮をするビジネスを考えるのも一つですよね。

既に始まっている未来を予測して、ビジネスの機会にしていくことが求められます。

感じている以上に高齢化は進んでいると思います。



励みになりますので、よろしければ応援クリックをお願いします! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的経営成功法」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<朝ドラ「ひよっこ」の「ビートルズがやって来る」 | ホームへ | スタバの顧客満足度は圏外ですか。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1832-d69177bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)