タイトル画像

仕事には二つの時間軸が必要

2017.05.08(22:25) 1812

皆さまはゴールデンウイークをどう過ごされましたか?お仕事の方もいれば、旅行に行かれた方や、実家に帰られた方もいらっしゃるでしょうね。家でゆっくりしていた方も多いかと思います。

私は、東京に来ていた兄と秋葉原に行きましたけど、それ以外は家で仕事をしたり、阪神の試合をテレビ観戦したり(笑)していましたが、家族が入院するアクシデントがあって、あまり気が休まるときではありませんでした。

おかげさまで、今日退院をしましたけど、今週中に経過観察の検査があります。

病気は本当に嫌なものですが、人の愛を感じられるときでもありますね。

治療してくれる医師、看護してくれる看護師の方、看病してくれる家族、お見舞いをしてくれる人。

そして、こうした医療技術を残してくれた先人の智恵と汗と愛。それらのおかげで、多くの病気が克服されてきました。少し前だったら助からなかった病気もたくさんあるんだと思います。私の父が交通事故で亡くなったのは25年前ですが、今の医療技術だったら、助かったんじゃないかなと思います。

同時代の人を救いながら、後世にも救いの連鎖になっていく医療の仕事って、すごいし、有難いですね。

仕事は「今の問題解決」をするだけではなく、未来の問題解決の助けになることを同時にするのが理想なんでしょうね。

それは、「現在の社会における問題を解決すること」、あるいは「要求を満たすこと」と同時に、「未来への遺産を残していくこと」です。

”未来への遺産”とは、「次に続く若い人への教育や投資」であるし、「方法論(メソッド)を残し、伝えること」でもあるし、たとえ今は解決することができなくとも「問題解決への道筋を作っておくこと」です。

このように、仕事には、時間軸で二つの視点が必要なんだと思います。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<感謝から一歩を踏み出す | ホームへ | 久しぶりの秋葉原散策>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1812-87938265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)