タイトル画像

飲食店、人手不足の時代に環境整備をどうするか?

2017.04.06(23:11) 1799

昨日、越谷レイクタウンというショッピングモールに行く用事があり、時間調節のために、モール内のカフェで時間を過ごすことにしました。

そのカフェは、上位組織にホールディングスカンパニーがあって、様々な飲食店を経営している大きなグループのカフェです。

そのカフェはセルフサービスなのですが、とにかくサービスが良くなかったです。夕方の5時だったので、お客さんはテーブル数の5分の1もいなかったと思いますが、コーヒーゼリーを頼んだのですが、スプーンを置いてあるところにスプーンがないのです(笑)。紙ナプキンもありません。

狭い店でしたが、4人の従業員さんが見えました。オペレーションがうまくいっていないのでしょうか。

私の後に来たご婦人も「パンを取りたいけど、取るものがないよ」と怒っていました。パンを取る道具である「トング」がないとの苦情でした(笑)。店員がトングをパンの横の棒にひっかけているのですけど、そのご婦人にお詫びの一言もなかったですね。

家内は、トーストに何か甘いものがのっているものを頼んだのですが、トーストの耳の部分が固いし、見本と比べて随分しょぼいと、めずらしく愚痴っていました。家内は普段怒ることはないのですけど、「もう二度と行かない」と言ってました(笑)。

まぁ、それとテーブル、椅子、床と、すべてに”食べかす”が落ちていて、汚かったです(苦笑)。息子が行っていた大学の学食のほうがよっぽど綺麗でしたね(笑)。

最近は人手不足のせいで教育指導ができていないのでしょうね。このカフェだけではなく、その他の飲食店でも、サービスや環境整備が悪くなっているのを見かけるときがあります。

ものの見方として、今までの日本の飲食店が”良すぎた”という面もありますし、人手不足で環境整備ができていない時代だからこそ、環境整備ができているお店が”より輝く”という面もあります。


「今までが頑張りすぎたんだ」と、店の環境整備レベルを落としてしまうのか、

「こういう時代だからこそ、より環境整備をして、お客様に喜んでいただこう」と考えるのか。

経営者には、どちらの考えを選択できます。

もちろん、後者が王道経営なのですけど、後者を選択するには、一つの条件があります。

それは、社員を大切にする会社でないと、うまくいかないということです。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<3年B組金八先生 第6シリーズ | ホームへ | 新しい職場や環境で働く人へ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1799-5c13a938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)