fc2ブログ


タイトル画像

仏教的トップマネジメント その15

2017.03.11(11:11) 1784

仏教的トップマネジメントの最終の第10条です。

10.富無限とは、感謝無限である。


<理解を深めるための補足文>

富無限とは、感謝無限である。大黒天のようにお金を生み出し、世界を富で満たせ!自分が生かされ、支えられている恩を知り、その報恩行として経営するのだ!


<解説>

第10条は、感謝という言葉がキーワードになっていますが、少しスピリチュアルな内容であり、文字で理解する条文ではありません。文字で考える材料を得たら、あとは実践していきながら内容を深めていくものです。そして、この第10条からまた第1条に戻って努力精進を続けるようなイメージで出来ている内容であり、仏教的トップマネジメントを統括するような条文でもあります。

第10条を理解するには、仏教の「縁起(えんぎ)の理法」への理解が必要になります。仏教の縁起の理法の縁起とは、因縁生起(いんねんしょうき)の略で、あらゆるものは因という直接の原因と縁という間接的な条件がお互いに関係しあって生じたり滅したりするという考え方です(『図解 ブッダの教え』、西東社)。

植物のひまわりに例えますと、ひまわりの種があります。これが因です。それに光や土、水などの諸条件が縁で、その結果(生起)がひまわりの花が咲くということです。このように世界中の全てのものが因と縁となって、生滅に関わっているのです。

仏教以前の古代インドでは、民衆の信仰に「業の思想」がありました。人間のすべては過去世の原因によって決まるので、現世でどんなに努力しても意味はないというものでした。つまり、過去世で悪いことをした人間は、悪因悪果(あくいんあっか)として不幸になるのは決まっているから、何をしても無駄だという考え方ですね。宿命論です。

しかし、ブッダはその宿命論を否定しました。精進し努力することによって、現世でも良い結果を得ることができるという縁起の理法を説いたのです。あくまでも現世での精進と行為を重要視したのですね。ものすごく前向きな考え方ですし、当時の人々にとっての救いだったと思います。

トップマネジメントも自分の経営行為が、新たな因や縁を作り、新たな結果を受ける(果報)ので(結果を受けることを「果報」(かほう)と言います)、良き種をまき、良き行いをし、良い結果を受けるようにするべきなのです。因果はくらませることができないといいます。縁起の理法は必ず働いているので、それを信じて正しい心で、努力精進することです。

そして、縁起の理法の話をしましたが、大切なことは自分たちの存在も縁起の理法で成り立っていることです。私たちは両親のおかげで現世に生まれることができています。その事実は変わることがありません。そして、両親なのか、祖父母か、親戚かどなたか分かりませんが、必ず誰かの助けで生かされ、大人になっていたはずです。人間は一人で生きて大きくなることはできません。いったいどれだけの愛をいただいたでしょうか。

振り返ってみてください。どれだけの回数、食事を作ってもらいましたか?その食事はどうやって手に入ったのでしょうか。誰かが働いて、買ってくれた食材を、誰かが作ってくれたものではないでしょうか。住む家を作ってくれた人、水がすぐに飲めるように整備してくれた人たち。数えきれない人のおかげで私たちは生きることができています。それは大人になっても、収入を得ても同じです。無数の人たちの努力と愛のおかげで、今の生活を私たちは送ることができているのです。

その恩を思い出すとき、感謝が湧いてきます。その感謝こそがトップマネジメントの力になるのです。愛を与えてくださった人々への恩返しが経営なのです。経営を通じて、今まで与えてもらった愛を返していくのです。この事実に気づいたときから、富無限の流れになってきます。感謝無限の思いは、富無限へとなっていくのです。そして、富無限とは、神仏の愛が無限であることなのです。感謝無限は、富無限であり、神仏の愛が無限であるということなのです。それが縁起の理法から見た真実の姿なのです。

どうか、トップマネジメントは、大黒天となって、お金を無尽蔵に生み出して、世界を富で満たしてください!貧困のない世界を作っていきましょう!失敗した人が再チャレンジできる社会を作っていきましょう!人々が平和に暮らせる世界を作っていきましょう!人々が進歩しながら、大調和している世界を作っていきましょう!

全ては、一人ひとりの愛の思いから始まります。頑張って行きましょう!!

< 了 >
--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧!「仏教的経営成功法」

イノベーションの機会を見つけるコンサルティングをします!
ぜひ一緒に仕事をしましょう!

--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

関連記事

世界を変える企業家たちへ



<<朴大統領の弾劾と北朝鮮の動向 | ホームへ | 仏教的トップマネジメント その14>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1784-c02712b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)