FC2ブログ


タイトル画像

仏教的トップマネジメント その3

2017.03.01(00:17) 1772

仏教的トップマネジメントの第2条は、次のものです。

2.他の人からしてもらうことで、自分が幸福になれると思うな。

<理解を深めるための補足文>

他の人からしてもらうことで、自分が幸福になれると思うな。過ぎたる欲は、会社と自己を滅ぼしてしまう。執着を去れ!

<解説>

この第2条も仏教思想が入っています。仏教では、すべての苦しみは「過ぎたる欲」、すなわち”執着”によって起こるとされています。事業の失敗などの会社の苦しみの原因は、トップマネジメントの執着である場合があるので、「仏教的トップマネジメント」の第2条で、苦しみの根源である執着を去ることを書いているのです。

「他の人からしてもらうことで、自分が幸福になれると思うな。」は、二つの視点から思慧(しえ)してください。

一つは、自分の幸せが他人の行為によって決まるのではないということです。自分が他人から何かを与えられたら幸せになるというのでは、自分の幸せは他人次第の幸福になってしまいます。他人から好かれたら幸福ですが、かといって、好かれるまで不幸であるというのもおかしいのですね。

トップマネジメントは特に社員や外部の人の評価を気にするでしょう。「凄い社長!」と評価されたら嬉しいのですが、評価されなければ不平不満の心境になるのではいけないのです。

でも、ほとんどのトップマネジメントが他人の評価を得ようと苦しんでいるのではないでしょうか?それは幸せの価値基準が自分の内ではなく、外にあるというこ証拠なのです。この心境で生きていくと、しんどいですよ。永遠に評価を求めますから。

二つ目の視点は、他人から何かをもらうことで幸せになる発想をしている人の愛は奪うものだということです。いわゆる「奪う愛」というものです。相手から愛を取ろう、取ろうとする行為です。

こういう人は結局幸せになりません。なぜなら、「愛を奪おう、もらおう」という人を、普通は好きにはなれないからです。また、「類は友を呼ぶ」で、同じような愛を奪う人しか近づいてこないからです。

しかし、奪う愛に生きている人が幸せになるのは簡単です。逆のベクトルを働かせればいい。与える側に回ればいいのですよ。与える愛に生きていこうと、心を定めることです。

会社を経営していくには、強い願望が必要な面もあります。されど、それが度を過ぎた自己中心的な欲望になると、トップマネジメントを腐敗させるだけではなく、会社も腐敗します。あるいは、会社を間違った方向へと導いてしまうのです。

どうか自分の愛が奪う愛になっていないか、他人の評価をもらうことばかりを考えていないかを内省していただき、もし奪う愛になっているなら、与える愛に舵を切ってください。すべての苦しみの元は、執着であることを忘れないでください。

< 続く >
--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧!「仏教的経営成功法」

イノベーションの機会を見つけるコンサルティングをします!
ぜひ一緒に仕事をしましょう!

--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

関連記事

世界を変える若き起業家たちへ



<<仏教的トップマネジメント その4 | ホームへ | 仏教的トップマネジメント その2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1772-126b4aeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)