タイトル画像

仏教的トップマネジメント その1

2017.02.27(00:11) 1770

今回から連載で、「仏教的トップマネジメント10か条」を公開していきます。

実は「仏教的トップマネジメント10か条」というのは、先に公開した「仏教的経営成功法」の元になった体系です。先に「仏教的トップマネジメントの10か条」ができ、それを経営手法に体系化したものが、「仏教的経営成功法」になります。

「仏教的経営成功法」を3年間寝かせていたと書きましたが、この「仏教的トップマネジメントの10か条」は、4年近くほど寝かせて公開しなかったものになります。

”仏教的”シリーズとも言える、この二つのメソッドの違いは何かと言いますと、「仏教的経営成功法」は、経営を"苦"、すなわち苦しみの面から見て、その解決方法を仏教思想と現代の経営手法を使いながら体系化したものでした。

一方、「仏教的トップマネジメントの10か条」は、トップマネジメントあるいはトップマネジメントを目指しているマネジャーの指針となるものを10か条で表現しています。この指針は、心と知識と行動に対する指針です。

ただ誤解していただきたくないのは、この10か条は単なる教訓や、訓示に当たるようなものではないことです。この10か条はトップマネジメントが成功し幸福になる理念(イディア)が文字になっています。トップマネジメントの原理原則とも言えるでしょう。

この世には、松下幸之助さんのような数々の日本の経営者が成功した経営思想があります。また、マネジメントを体系化させたドラッカーの知恵もあります。こうした光り輝く経営思想は、この世では別々に存在していますが、ユング心理学でいう潜在意識の集合的無意識の世界では”統合して”存在しているのではないかと私は推測しています。おそらくですよ(笑)。たぶん、「経営の原理は、これ」みたいに一つのものとして存在していると思います。

集合的無意識にアクセスして、その理念を引っ張り出してこれたら簡単なんですけど、それはできないので(笑)、知識と経験から核になる理念を見つけ出す作業を行い、仏教思想を正しさの軸にして、トップマネジメントの指針を体系化したのが、この「仏教的トップマネジメント」です。

そして、10か条は段階論で体系化しています。第1条をクリアして、第2条に進むというものです。もちろん、完璧な修得はありえないので、「良しとする」レベルに到達すれば、次の段階に進んでください。しかし、この「良しとする」レベル、及第点のレベルがどの程度なのかを定量化することはできません。

そこで、簡単な目安を説明します。

すぐに慢心するタイプの方は、「もうOKかな」と思われた時から、3倍の努力をしてください(笑)。その時点での「心境、知識、行動」の3倍です(笑)。

いつも謙虚で、どちらかというと、ネガティブ思考な方は、「これで大丈夫だろう」と確信されたら、次の段階でいいと思います。ただし、謙虚な方は、なかなか確信をされないと思うので、時間をかけて手応えを感じたら次へ進んでください。


そして、この10か条は、私が文章に書いて説明をしますが、これをものにするといいますか、修得するには、トップマネジメント一人ひとりが、1条、1条を考え抜いて実行する必要があります。この修行の流れを仏教では、三慧(さんえ)と言います。三慧とは、聞慧(もんえ)-聞いたレベルの知恵  思慧(しえ)-自分なりによく考えた知恵 修慧(しゅうえ)-実践によってつかんだ知恵の三つからなる知恵です。

10か条は、思慧(考え抜くこと)と、修慧(実践すること)がポイントです。

では、次回から、1条ずつ解説をしていきます。内容を理解するのは難しくないので、どうかご覧ください。

< 続く >
--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧!「仏教的経営成功法」
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<仏教的トップマネジメント その2 | ホームへ | ポストドラッカーの時代 その5>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1770-b34e917d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)