タイトル画像

ポストドラッカーの時代 その1

2017.02.22(00:14) 1765

私のブログを読まれる方は、「ドラッカーのことによく触れるなぁ」と思われているでしょう。

というより、経営に関して書いている人が、P.F.ドラッカー教授に触れていない、引用していない方がおかしいのですよね。

なぜなら、現代のマネジメントや経営の手法、考え方、理論は、ほとんどがドラッカー教授が考え出したものか、発見したものなのです。

ドラッカー教授が発見したり、発明したりしたものは、私が今挙げられるもので、「マネジメント」、「イノベーションの機会」、「コア・コンピタンス」、「目標管理」、「経営戦略」、「顧客第一」、「民営化」、「知識労働者」、「ABC会計」、「ベンチマーキング」、「分権化」、「職場の整理整頓」などがあり、他にももっとあるはずです。

マーケティングの父ともいわれるフィリップ・コトラー教授は、「人はドラッカーをマネジメントの父といい、私をマーケティングの父という。ありがたいことだが、もしそうならば、ドラッカーはマーケティングの祖父である」と述べています。

ハーバード大学のセオドア・レヴィット教授は、「マーケティングを確立したのは、ピーター・F・ドラッカーである」と述べています。(『P・F・ドラッカー 理想企業を求めて』、エリザベス・ハース・イーダスハイム著 上田惇生訳、ダイヤモンド社)

マーケティングの真髄を知り、その根幹を言葉に表したのは、ドラッカー教授だったということでしょう。

ドラッカー教授は、初めて来日したときに、「ドラッカー教授」と声をかけられると、「私は教授ではない、コンサルタントだ。アメリカにコンサルタントはたくさんいるが、トップマネジメントのコンサルタントは私だけだ」と言ったそうです。(『日本に来たドラッカー 初来日編』、山下淳一郎監修、同友館)

日本で一番有名で実績があるコンサルタントといえば、一倉定(いちくらさだむ)さんでしょう。

一倉定さんが残した実績は偉大でありますが、一倉さんのコンサルティングがオリジナルであったかというと、そうではありません。

一倉定さんが自身のコンサルティングの参考にしたものは、田岡信夫さんの「ランチェスター戦略」だけが実名で紹介されています。

それ以外では、財務的なものは、S精密のS専務を参考にしたことが『一倉定の社長学シリーズ』(日本経営合理化協会出版局)に書かれています。この方は一倉定さんの書物には実名が載っていませんが、スター精密という東証一部上場企業の佐藤社長のことです(当時は専務だったためS専務と記載されていた)。

そして、ランチェスター戦略や財務戦略以外は、何を(or 誰を)参考にしたかを、一倉定さんご本人は全く触れていませんが、私はドラッカーの『現代の経営』(上田惇生訳、ダイヤモンド社)を元にしていたと推測しています。

<続く>
--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧!「仏教的経営成功法」

イノベーションの機会を見つけるコンサルティングをします!
ぜひ一緒に仕事をしましょう!

--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<ポストドラッカーの時代 その2 | ホームへ | プレミアムフライデーの別の使い方>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1765-dea8a7a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)