タイトル画像

『キセキ -あの日のソビト-』を観てきました。

2017.01.30(21:14) 1744

映画『キセキ -あの日のソビト-』を観てきました。 ご存知の方も多いかと思いますが、GReeeeNが音楽グループとしてどのようにしてできていったかを映画化したものです。

ちなみに、私はGReeeeNのことはほとんど知らず、以前ブログで書きましたように、女性のお天気のキャスターが、『キセキ』を聴いて毎日頑張ろうと思っていると聞いてから、『キセキ』だけを知っているレベルです(笑)。

『キセキ』をいう曲がとても印象的だったので、『キセキ』という曲が出来た軌跡を知りたいと思い、映画を観に行きました。

ところで、ソビトとは、GReeeeNの造語らしく、「素人、空人」のことで、自由に新しいことに挑戦していく人を指すそうです。

この映画の監督は、「なりたいもの」を諦めない、立ち上がる、突き進むことを形にしたかったようで、松坂桃李さんや、菅田将暉さんがいい味を出している映画です。

ネタバレにならないようにストーリーは書きませんが、夢を目指していても、人それぞれに役割(仕事)があるんですよね。

例えば、音楽だったら、楽曲を創って唄う役割の人もいれば、ミュージシャンを縁の下の力持ちとしてプロデュースする人もいます。またレコード会社の担当者もいます。

これを運だとか、宿命だとか言う方もいると思いますが、実は仕事の仕方の問題でもあるんです。

音楽に対する才能があるとしますよね。それは、その人の「強み」なのですが、同時に自分はどのような仕事の仕方をすれば成果が挙げられるかを知らないといけないのですよ。

仕事の仕方というのは、「強み」と同じで、その人特有のものであり、いい悪いではなく、その人の個性なのです。

例えば、ミュージシャンになりたいということでも、自分は一人でやったほうがいいのか、グループを組んだ方がいいのかを知らないといけません。またグループを組むとしても、同性どうしがいいのか、異性を組み合わせたメンバーがいいのかも違ってきます。

要するに自分が成果を挙げられる仕事の仕方を知らなければならないし、知った上でその方法を選択することが大切なんですね。

自分の強みを知り、そして得意な仕事の仕方を知り、それを実行することです。不得意な仕事の仕方をしても成果は上がりません。

夢を諦める必要は全くありませんが、夢に関連した中で自分が得意な仕事の仕方がきっとありますので、そこで自分を輝かせていくことが大事です。

話がセルフマネジメントにそれましたけど(笑)、『キセキ -あの日のソビト-』はいい映画ですので、お薦めします。



--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧!「仏教的経営成功法」

事業の目的は幸福の創造です。幸福とは三方の幸福を指します。
三方とは「社長を含む会社で働く人、お客様、そして地域社会」です。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!連絡をしてください!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<自分の仕事の仕方を知る | ホームへ | 「経営の神様」の"手前"を目指しませんか?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1744-8c90dd20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)