タイトル画像

『君の名は。』の風景は「大和言葉」だ

2017.01.22(22:15) 1738

映画『君の名は。』を観てきました。ネタバレにならないように書きます。

ストーリーは一部よく分からないところがありました(笑)。

たぶん二回観ると分かるんだろうと思うのですが、思わずネットで解説を読んでストーリーを確認しました(笑)。

登場人物は私の世代とは全く異なっているのですけど、なぜかわからないですが、泣けるところもありました。どこに感情移入したのか分からないのですけど(笑)、なんかグッとくるものはありました。

それと東京の風景や電車などがとてもきれいなんですね。

大学のあった四ツ谷と、働いていた場所の新宿がよく描写されているのですけど、本当にきれいなんですよね。

リアルなアニメの風景なのですが、とてもきれいで、観ていると自分が浄化されるような感じに近いです。

私ははの風景は「大和言葉」になっているんじゃないかなという気がしています。

実際に新宿や四ツ谷の街を歩いていたら、大和言葉ではなく、どちらかというと漢語か外来語なんですよ。

固いというか、やわらかい優しさのようなものはあまり感じないのですよね。

ところが『君の名は。』の風景は大和言葉で、優しい響きがあるんですよね。

映画を通じて、優しく、綺麗な風景を観ているので、心が共鳴して、中高年(笑)もピュアな感覚になって、感性が鋭くなって、感動しているのかなと思います。

大ヒットしている作品なので、職業柄つい分析的な文章を書いてしまいましたが(笑)、素晴らしい映画だと思いました。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧!「仏教的経営成功法」

事業の目的は幸福の創造です。幸福とは三方の幸福を指します。
三方とは「社長を含む会社で働く人、お客様、そして地域社会」です。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をしてください!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<日テレの世論調査の結果に驚いた! | ホームへ | 悪を犯させない智恵と強さ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1738-0d60a7a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)