タイトル画像

トップマネジメントチームを作れ!

2017.01.15(21:07) 1731

現代の経営は市場環境の変化が早く、競争も激しいのでとても難しい面があります。

そこで中小企業にもお薦めするのが、トップマネジメントチームを作ることです。

これは取締役会とは違います。役員や部長クラスが集まるものだとも思わなくていいです。

会社の重要な仕事を担っているメンバーでトップマネジメントチームを形成し、そこで会社の重要な課題を話し合うようにするのです。

現代の経営では情報も多いし、複雑化しているので、社長一人で対応するには無理があります。

そこで、チームによって課題を解決していく方法を取るのです。

社長が一人で何でも抱え込まないようにしてくださいね。


そして、トップマネジメントチームではルールを決めてください。

例えば、担当業務の最終決定は、その担当者が行うというものです。

仮に、トップマネジメントチームのメンバーが社長を含め5名だとして、それぞれどの仕事を担当するのかを決めておきます。

Aという人が販売を担当するとするなら、販売に関してはAが最終的な決定をするということです。

あるいは、人事に関する重要な決定、例えば管理職者の異動や新規事業への進出などは、トップマネジメントチーム全員の合意が必要であるなどです。


また、中小企業では適した人材が少ないという課題もあると思うので、その場合は外部のコンサルタントを入れるといいでしょう。

なぜなら、社内の人材だけだと発想が狭くなっているリスクがあるからです。

「こうした視点、ものの考え方もありますよ」と、全然別の視点から意見を言える人を入れておく方がベストです。

小規模企業なら、社長、奥様そしてコンサルタントの3人。あるいは、どの部門かの責任者を入れるなどしてトップマネジメントチームを構成しましょう。

このトップマネジメントチームが永続する企業を助けてくれます。

また、このチームの運営が幹部を育て、後継者作りに貢献するでしょう。


なお、トップマネジメントチームは非公式でいいです。

役職があっても入れない人もいるでしょうし、役職がなくても入る人もいます。妬みの対象になるので、「戦術会議」とか「マネジメント会議」とか言って、選別しているような印象を社員に持たれないようにするといいでしょうね。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのご依頼はこちらから
           
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

日本をもう一度輝かせるために頑張ろうと思う志ある経営者よ!
一緒に仕事をして、日本を繁栄させ世界のリーダーにしましょう!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<購買行動の隠れたニーズや欲求に気づけ! | ホームへ | 事業の目的とは何か>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1731-2891d4c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)