FC2ブログ


タイトル画像

無駄なものをどれだけ廃棄できるかが勝負の分かれ目

2016.12.15(23:47) 1704

仕事において成果を挙げるために、最も貴重なものは時間です。

それゆえ、時間をどのように作ればよいか、言葉を代えれば、無駄なものをどれだけ廃棄できるかが勝負の分かれ目になります。

会議は無駄だと分かっても、なかなか廃止できないものですが、割と無駄だと分かりやすいです(笑)。

ところが難しいのは、「無駄だ」と分かりにくいものを、「無駄だ」と気づいて、廃棄していけるかどうかです。

ドラッカー教授でしたら、「まだこれを行っていなかったとして、いまからこれを始めるかどうか」を考えて、やらないと思うものなら即廃棄すればいいとおっしゃってます。これも一つの方法ですね。

他の方法としては、”それ”にかかるコストと成果(売上、収入など)を比べてみることです。

特に難しいのは、2種類あって、一つは、前にやったときには成果が上がったものです。

もう一つは、他社がやって成果が上がっていたので真似してみたものです。

ただし、市場は常に変化していますし、他社には強みであったものが、自社では強みになっているとは限りません。成果が上がっているのかを、”何となく”ではなく、実際の数字で把握するようにしてみてください。

また、それらを遂行するためのコストも”何となく”これくらいかなではなくて、実際にいくらのコストがかかっているのかを数字を出して見比べてみるといいでしょう。

組織は基本的にあることを始めると廃棄するのが難しいものです。次から次へとすることが積みあがっていくのが普通です。

体系的に廃棄する仕組みがないのが普通だと思うので、マネージャーがリーダーシップを取って勇気をもって廃棄していくことです。

日々にやっている業務を毎月無駄なものがないかを振り返るようにするといいでしょう。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への経営コンサルティングのご依頼はこちらから
あまり考え込まず、「案ずるより産むが易し」(笑)で連絡してください!
           
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の思い通りにならない悩みを解決し、富を創造する秘訣を教えます!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 厚かましいお願いですが、今後ともご支援をよろしくお願いいたします
関連記事

世界を変える若き起業家たちへ



<<人生の変わり目をうまくつかめる人とそうでない人 | ホームへ | 年齢が何歳になっても「為せば成る」上杉鷹山の名言>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1704-2e6abc9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)