fc2ブログ


タイトル画像

マネジメントとは何か?1

2016.12.03(22:59) 1697

今日から連載で、マネジメント(Management)について解説をします。私のホームページに載せている「仏教的経営成功法」にも、経営トップが知るべき知識として「マネジメント」を挙げていますが、そこではほとんど説明をしていなかったので、改めてマネジメントについて書いてみようと思いました。

以前、このブログでマネジメントについて、ちょっと書いたものがあったので、それとは重複しないように書きます。

マネジメントとは、何をすることか?

さて、マネジメントは、英語でManegementを書きます。日本語への翻訳では、経営だとか、管理だとか、経営の方法などがあります。

ドラッカー教授の昔の翻訳書はManegementを「経営管理」と訳されていたのですけど、ぴったりの訳が日本語では見当たらないということで、最近の翻訳では「マネジメント」とカタカナで表記されています。

昔の翻訳で、マネジメントを「経営管理」と訳していたために、内部管理をするように誤解していた人も多かったようです。

経営コンサルタントの故一倉定さんも、マネジメントを内部管理だと考えて批判されていました。

でも、私の解釈だと、マネジメントは「組織を運営する」とか、「組織運用」とかが近いですかね。「組織を運用して成果を上げること」がマネジメントの意味に近いかと思います。

マネジメントを、カチッとした冷たいもののように思う方も多いかもしれません。

しかし、ピーター・F・ドラッカー教授が「人間と社会はどうすれば幸福になれるのか」というものを考えて、そこで出した結論がマネジメントだったんですね。

ドラッカー教授は、人間と社会の間にあるのは組織であり、組織を良くマネジメントできれば、人も社会も幸福になれると考えたんですね。

マネジメントの考えの根底には人間に対する愛があることを知っていただきたいのです。

<続く>
関連記事

世界を変える若き企業家たちへ



<<マネジメントとは何か?2 | ホームへ | 打ち合わせをするなら帝国ホテルのランデブーラウンジ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1697-9a2ac5be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)