タイトル画像

ヴィジョン重視の経営をしているのは同族企業

2016.11.16(23:12) 1683

『文藝春秋SPECIAL 季刊秋号(第37号)』「ニッポン逆襲の組織論」は結構読みごたえがありました。 



私はこの文藝春秋のSPECIALという季刊号の存在を知らなかったんですが、時事的なものを扱っているので、読んで面白かったですね。

まだ、本屋にありますので、パラパラと見て興味を持たれた方は読まれると面白いと思いますよ。

この本の中で一番面白いと思った記事は、入山章栄(いりやまあきえ)さんの「最先端経営学で解く これが日本企業に必要な人材だ」でしたね。

この中で「日本の上場企業で成長率も利益も高いのは同族企業である」という文章があります。

同族企業の経営者は自分の子供に事業を譲ることを考えるので、数十年先にこの会社はどうあるべきかを考えるんだそうです。それゆえ、長期的なヴィジョンで事業プランをつくることが多いのが成長している理由だと、入山さんは書かれています。

日本企業でヴィジョン重視の経営をしているのは、オーナー企業と同族企業だと入山さんは説明していましたね。

同族企業はネガティブに捉えられがちですけど、そうでもないということなんですね。

----------------------------------------------------------------
古賀光昭への御連絡は、下記の「古賀光昭の公式サイト」の
「お問い合わせページ」からご連絡ください。心からお待ちしています。

「日本を精神性も経済力も世界No.1の国にするための経営コンサルティング」
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

同族経営の社長、後継者の方へ
私は同族経営、夫婦経営を応援しています!
----------------------------------------------------------------

クリックしていただけますと、このブログに出会う人が増えていきます。どうかクリックをお願いいたします。いつもありがとうございます。
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<國貞克則さん著『財務3表一体理解法』 | ホームへ | 井上靖著『天平の甍』>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1683-6319e942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)