タイトル画像

部下の「辞めたい」を救うこと

2016.05.21(20:32) 1601

職業柄、色々な職場を見る機会もありますが、ほんとギスギスした職場が多いなぁという感想を持っています。

このギスギスした感じは、

1.仕事に結果が求められていること

2.仕事にスピードが求められていること


この二つが原因しているように思えます。

昔も結果は求めらえていたのでしょうが、今はそれにスピードが加わり、情報の処理が追いついていかないのでしょう。

だいたい人間はそんなに早いスピードで仕事をするようにできているのでしょうか(笑)?

特に日本人は農耕民族ですから、ゆっくりと忍耐強く仕事をするのは得意なんでしょうけど、それを狩猟民族のように「一気にかかれ!」と言われても無理があるのかもしれません。

ギスギスした職場では社員は辞めたくなりますが、それをカバーするのは社長だったり、上司だったりの優しさや頑張りだと思います。

「仕事を辞めたいけど、社長も頑張っているし、上司も頑張っているし」となると社員も踏ん張れるところがあります。

上司の方は部下に関心を持ってあげてください。そうした気配りが部下の辞めたいを救うこともありますから。

-------------------------------------------------------―----
経営コンサルタント 古賀光昭の公式サイト

社外No.2であり、非常勤の社外の経営企画室長として
社長の経営参謀として助言いたします。
また、貴社の管理部門スタッフに指導を行います。

-------------------------------------------------――――----

いつも応援クリック、ありがとうございます。皆様の応援が私の力です。心から感謝申し上げます!
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<オバマ大統領の広島訪問について思う | ホームへ | 出口治明さんの『「働き方」の教科書』>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1601-40245524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)