タイトル画像

中学生の頃、映画を観に行ったこと

2016.04.14(17:17) 1592

僕が中学生の頃、一番贅沢な娯楽は映画を観ることだった。
阪急電車宝塚線の豊中駅が最寄りの駅だ。
僕は友人たちと阪急電車の普通に乗り、映画を観に阪急梅田に向かった。

中津駅を過ぎると電車は徐行して梅田駅に進む。
その途中に上映中の映画の看板があり、それを観るだけでワクワクし、映画を観る気持ちが高ぶっていた。

梅田は中学生の僕にとっては、大都会であり、冒険に来ているような感覚があった。
大きな映画館は、OS劇場と北野劇場。特にOS劇場はシネラマという横長のスクリーンによる迫力をうたっていた。

劇場に観に行った映画で覚えているのは『ミッドウェイ』と『オーメン』だけ。
『ジョーズ』も『タワーリング・インフェルノ』も『キングコング』も色々あったけど、どこで観たのかは思い出せない。

『ミッドウェイ』も『オーメン』も今見たら全然面白くないだろう。
ただ当時は「梅田に友達と行って映画を観る」ことが楽しかったので、その映画のパンフレットを買い、喫茶店で友人と映画の内容について語り合うのが面白かった。

現在それらの映画館があるのだろうか。

今でも映画館に行くと妙にワクワクするのは、中学生の頃の気持ちがよみがえってくるからだと思う。

-------------------------------------------------------―----
経営コンサルタント 古賀光昭の公式サイト

社外No.2であり、非常勤の社外の経営企画室長として
貴社の管理部門スタッフに助言や指導を行います。
ぜひ一緒に仕事をしましょう! 

-------------------------------------------------――――----

いつも応援クリックしていただいて、ありがとうございます。皆様の応援が大きな力です。心から感謝申し上げます!
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<一日も早い地震の終息を | ホームへ | 今年は暴露の年ですね(笑)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1592-9035686d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)