タイトル画像

自分のことはよく分からなくても、他人のアラはよく分かる

2016.03.22(21:20) 1578

人って、自分のことはよく分からないのですが(笑)、人のアラというか、人のことはよくわかるものですよね。

自分の良さって何か分からない人も多いでしょうし、他人の悪いところだったら、やたら目につく人も多いでしょう。

また、人に対して「こうしたらいいのに」と分かるけど、自分はどうしたらよくなるか分からないということも多くないですか?

私もまさにそのとおりで、自分のことはよくわかりません(笑)。


こうしたことは、会社の経営にもあると思いますね。

社長は自分の会社のことは一番よく知っていると考えているかもしれませんが、第三者から見れば社長が全然気づいていない面が見えているものです。

また社長が「なぜか分からないがお金がいつも足りない」だとか、「儲かっているのか、儲かっていないのか、よくわからん」だとか、会社の問題の本質が分からないこともあるでしょう。

自分の会社だから、分からないことがあるんですよね。


逆に外の人間だったら、「これをこうしたらいいんじゃないですか」と簡単に分かることもあります。

これは、最初に述べた「自分のことはよく分からないけど、他人のことはよく分かる」というのと同じなのですね。

こういう面はどんなに凄い人でもあると思いますね。

自分だけの力で、自分のことを知るのは本当に難しいと思います。

だから、他の人のアドバイスに謙虚に耳を傾けることは、とても大切なことですね。


外部からの意見やクレームを受け入れる仕組みがない会社は、必ず衰退すると思っていいでしょう。

意見やクレームが社長の耳に入り、それを改善に使う仕組みがあると、その会社は強いですね!


-------------------------------------------------------―----
経営コンサルタント 古賀光昭の公式サイト

人々が「お金の不安をもたない社会を作る」のが私の夢です。
貴社の経営を全力でサポートします。
ぜひ一緒に仕事をしましょう! 

-------------------------------------------------――――----

いつも応援クリックしていただいて、ありがとうございます。皆様の応援が大きな力です。心から感謝申し上げます!
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<一倉定さんの社長学 5 | ホームへ | 消費税増税は延期され、衆議院選挙が今年行われる>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1578-5604f538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)