タイトル画像

一倉定さんの社長学 1

2016.03.14(21:40) 1573

今回からシリーズで経営コンサルタントの一倉定(いちくらさだむ)さんの「社長学」について書いてみたいと思います。

一倉定さんは、日本の経営コンサルタントの父のような存在かもしれません。

現在の経営コンサルタントには、一倉定さんの社長学の影響を受けている方も結構いらっしゃるでしょうし、一倉定さんの理論を応用したコンサルタントの影響を孫請けのような形で受けているコンサルタントもいるでしょう。


では、一倉定さんの経営学、社長学、経営理論とはどんなものだったのでしょうか。

このブログでは、できるだけ簡単に一倉定さんの経営理論をまとめてみます。


まず、一倉定さんの経営理論の”核になる言葉”があります。

それは、

「事業経営とは、『変転する市場と顧客の要求を見きわめて、これに合わせて我社をつくりかえる』ことである。」

です。(『一倉定の社長学 経営戦略』、日本経営合理化協会出版局 ※引用文一部古賀削除あり )

一倉定さんの社長学は全9巻ですけど、この文章が一番大切な言葉だと私は考えています。

この文章の内容(つまり事業経営)を実行するために、全9巻に渡って一倉定さんがその方法論を述べていると言えるでしょう。


ただ、私はこの言葉は一倉定さんの言葉ではありますが、参考にした理論があったのではないかと推測しています。

その参考にした理論とは、ドラッカーのマネジメント理論です。

<続く>





-------------------------------------------------------―----
経営コンサルタント 古賀光昭の公式サイト

人々が「お金の不安をもたない社会を作る」のが私の夢です。
貴社の経営を全力でサポートします。
ぜひ一緒に仕事をしましょう! 

-------------------------------------------------――――----

いつも応援クリックしていただいて、ありがとうございます。皆様の応援が大きな力です。心から感謝申し上げます!
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<一倉定さんの社長学 2 | ホームへ | 野球賭博をした選手に思う>>
コメント
日戸さん、いつもありがとうございます。
そうなんですか、千葉に戻られたのですね。
また、近況をお教えください。
今後ともよろしくお願いします。
【2016/03/15 14:51】 | 古賀光昭 #- | [edit]
古賀さん、こんにちは。
ブログ、いつも楽しく読ませていただいております。

私も、千葉にて再出発することに致しました。
今後とも、よろしくお願い致します。
【2016/03/15 11:45】 | 日戸です。 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1573-428e9952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)