タイトル画像

信頼できる経営者になれば、他社と差別化ができる

2016.03.05(18:49) 1569

3月4日の日経MJの「奔流eビジネス」というコラムに、気になることが書いてありました。

内容は、「日本人は自国の将来に対して最も悲観的な悲観大国である」というものです。

エルデルマンが毎年実施している信頼度調査というのがあり、世界28か国の三万三千人に行った調査結果だそうで、「自分と家族の経済的な見通しについて、5年後の状況が良くなっているか」という問いに対し、良くなっていると考える日本人は2割以下だったそうです。

これは28か国で最下位です。


また、社員の自分が働いている会社に対する信頼度についてでは、日本人は4割しか自分が働いている会社を信頼しておらず、断トツの最下位だとか。

しかし、興味深いのは、世界の人々の日本企業に対する信頼度は6割と、調査対象国の中では高いグループに入っているのですよね。

まぁ、日本企業に対する信頼度が低いのは日本人自身だということですね。

言葉を代えれば、日本の社員が、社長を初めとする経営者に対する信頼が低いということです。

これは経営者にとっては耳の痛いことでしょうが、逆に考えれば「信頼できる経営者になれば、他社と差別化ができる」ということなんです。

つまり、社員に「この会社は信頼できる。この経営者は人としても、経営者としても信頼できる」と思ってもらったら、社員のモチベーションは上がるでしょうし、「この会社に入りたい」と思ってくれる人が増えるということですよね。


じゃ、信頼される経営者になるにはどうすればいいのかということになります。

簡単にまとめてみますと、

1.経営能力がそれなりにある

そもそも経営能力がなければ、経営自体がもたなくなるので、入り口の部分であり、全てに通じる部分として経営能力の高さが求められることがあるでしょう。


2.公平に人と接することができる

これは、自分の好みで依怙贔屓をしないというレベルだけではなく、できるだけ虚心坦懐に人と接して、評価を公平にすることですね。


3.人間としての深み、教養の高さなど、人として尊敬できる人格の部分

これは器といいますか、社員が尊敬して「ついていきたい」と思わせる人柄のところです。そして、現状維持ではなく、今でも学び続けて、向上しようと努力しているところが必要だと思います。

色々と書きましたが、何か参考になれば幸いです。

-------------------------------------------------------―----
経営コンサルタント 古賀光昭の公式サイト

人々が「お金の不安をもたない社会を作る」のが私の夢です。
貴社の経営を全力でサポートします。
ぜひ一緒に仕事をしましょう! 

-------------------------------------------------――――----

いつも応援クリックしていただいて、ありがとうございます。皆様の応援が大きな力です。心から感謝申し上げます!
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<コスパの悪いスタバはどうなっていくのか? | ホームへ | 今年はいけるんとちゃうか!阪神タイガース!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1569-5a77b938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)