タイトル画像

人工知能が囲碁のプロの棋士に勝った

2016.01.28(21:01) 1561

今日は甘利大臣が辞任したり、FRBが追加利上げをしないことを発表したりと、大きなニュースがありましたが、それらは置いておきまして(笑)、人工知能が囲碁でプロを破ったことに触れたいと思います。

グーグルが開発した人工知能がプロの棋士に勝ったそうです。囲碁は将棋やチェスをはるかに上回る難易度らしく、プロの棋士を超えるのは10年先と見られていました。

ところが、グーグルが開発したAI「アルファ碁」は、先の手をしらみつぶしに計算する方法ではなく、盤面上の碁石の配置全体を見ながら人間のように次の一手を決めるそうなんです。

人間の直感を再現したようなものみたいですね。凄い人工知能を開発したものです。

そういえば、人工知能に、小松左京の遺作の続きを書かせる研究もされていますよね。小松左京の作品を人工知能に学ばせて、小松左京が途中まで書いた作品の続きを創作をさせる試みのようです。


まぁ、10年くらい先には、人工知能がビートルズの新曲を創ることができるんじゃないでしょうか。

人工知能がレノンとマッカートニーの作風を全て学習し、レノンとマッカートニーと同じ声をデジタルで作って再生させて、本物のような曲ができるような気がします。

こんな話をすると映画「ターミネーター」みたいに人類に敵対するAIの存在を危惧するむきもあるでしょうが、それ以前に、人間自身が人間性を失わないようにしないといけないと思いますね。



-------------------------------------------------------―----
発展繁栄の経営コンサルタント 古賀光昭の公式サイト

人々が「お金の不安をもたない社会を作る」のが私の夢です。
貴社の経営を全力でサポートします。
ぜひ一緒に仕事をしましょう! 

-------------------------------------------------――――----

いつも応援クリックしていただいて、ありがとうございます。皆様の応援が大きな力です。心から感謝申し上げます!
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<日銀、初のマイナス金利 | ホームへ | 中学時代の小さな思い出>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1561-d1c40d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)