FC2ブログ


タイトル画像

中学時代の小さな思い出

2016.01.18(17:49) 1560

今年の正月明けの仕事帰りに、「流山おおたかの森」という駅で家族と待ち合わせをして、アイス・スケートリンクに行ってきました。

私は滑らないで、家族が滑るのを外で見学していました。

ただ、我が家の子供たちはアイススケートが初めてで、全く滑ることができず、外枠の手すりをつかみながら、リンクを歩いていました(笑)。

そんな姿を見ていましたら、自分の中学時代のことを突然思い出しました。

中学3年のときですかね、ある女の子からスケートに行くのを誘われました。

男女3対3だったような気がしますが、「とにかく行こう!」と誘われたんですね。

僕は「いや、俺、行ったことないし、滑られへんから、ええわ」と何度も断ったんですけど、熱心にその子が誘ってくれたので、行くことにしたんです。

案の定、全く滑られなくて、恥ずかしい思いをしたんですけど、結構楽しかった気がしています(^^)。

たぶん、その子のことを意識していたからでしょう(笑)。

しかし、恋の進展はなかったですね(笑)。

その後、自分の方から誘えば良かったんでしょうけど、女の子にどう接すればいいか分からなかったという面もあるし、女性のことは苦手という面もありましたね。


でも、小さな思い出ですけど、彼女が「行こうよ」と熱心に誘ってくれたことをすごく有難く思います。

胸キュンの出来事が人を育てていくんでしょうね。


-------------------------------------------------------―----
発展繁栄の経営コンサルタント 古賀光昭の公式サイト

人々が「お金の不安をもたない社会を作る」のが私の夢です。
貴社の経営を全力でサポートします。
ぜひ一緒に仕事をしましょう! 

-------------------------------------------------――――----

いつも応援クリックしていただいて、ありがとうございます。皆様の応援が大きな力です。心から感謝申し上げます!
関連記事

世界を変える若き起業家たちへ



<<人工知能が囲碁のプロの棋士に勝った | ホームへ | ザ・ビートルズとSMAPを比較して考えてみた>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1560-e66b7d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)