タイトル画像

ザ・ビートルズとSMAPを比較して考えてみた

2016.01.12(19:41) 1559

SMAPが解散の危機にあるようです。

突然ですが、私はザ・ビートルズファンなんですけど、SMAPとザ・ビートルズを重ねてみることがあります。

それは、メンバーの構成です。あくまでテレビから見る印象なんですけど(笑)。

ジョン・レノンが、中居正広さん。
ポール・マッカートニーが、木村拓哉さん。
ジョージ・ハリスンが、草彅剛さんと、稲垣吾郎さんの半分。
リンゴ・スターが、稲垣吾郎さんの半分と香取慎吾さん。

そして、マネージャーがブライアン・エプスタインと、Iさんという女性マネージャーですか。

Iさんという人、私は全く知りませんでした。

そういえば、『古畑任三郎×SMAP』というドラマで戸田恵子さんがSMAPのマネージャーを演じていました。今回の話題が出たときに、最初に思ったのは「戸田恵子さんはほんまにいるんや」(実際のモデルがいるという意味です)ということです。

この”戸田恵子さん”(Iさんのことです。名前があまり出てこないので、このブログでは、Iさんをこのように称します)が、なかなか売れなかったSMAPを売れっ子にしたようですね。

そういえば、ザ・ビートルズも、ブライアン・エプスタインがマネージャーになってから変わって、売れ出したと聞いています。ブライアン・エプスタインは、ザ・ビートルズのメンバーに、スーツを着るように命じました。それまでは革ジャンを着た不良少年です。

また、演奏中にガムを噛むこと、たばこを吸うことを禁じ、演奏の後に深くお礼をするように指示しています。

元々、才能も素質もあったザ・ビートルズですが、それでも売れるための最初の歯車を回すものが別に必要だったんでしょう。

それがザ・ビートルズでは、ブライアン・エプスタインだったし、SMAPでは”戸田恵子さん”だったのでしょうね。


ところで、ザ・ビートルズはブライアン・エプスタインの死後、対立が表面化し、解散へと向かっています。

SMAPが今後解散しないで残る可能性はゼロではないでしょうが、SMAPは国民的グループですし、なんとか続けてほしいですね。


さて、ザ・ビートルズでは、リーダーだったジョン・レノンが、後期にはポール・マッカートニーに主導権を取られています。

これはあくまで私の感覚なんですが、ポールは単純にジョンのことを頼りにしていたし、好きだったのだと思います。

でも、ジョンは、中期以降のポールに嫉妬していたのではないでしょうか。

想像してみてください。

「俺がザ・ビートルズのリーダーだ!」と思っていた時に、『イエスタディ』や『ドライブ・マイ・カー』なんか創ってきたら、「ちょっと待てよ!」ってなりませんかね?

ポールが凄い名曲を創って、サラッと”こともなげに”歌い上げたら、ジョンからしたら前衛的な音楽(あるいはドラッグに影響を受けた音楽)に行くしかないですよね。

バンドやグループに、はっきりとリーダーがいて、そのリーダーを超えるような存在が出てきた場合、リーダーが繊細でありプライドが高いとバンドの存続は難しいでしょう。

私から言わせると、SMAPはよく今までもっていたなと思います。それだけマネージャーの”戸田恵子さん”の力が大きかったのでしょう。


ザ・ビートルズは解散後、ソロでそれぞれが活躍しました。

それでも、あと1年でも続けていてくれたら、あと1枚でもアルバムを創ってくれたらと思います。

ジョン、ジョージ亡きあと、その損失は取り戻せません。計り知れない人類の損失です。


SMAPも、周りの関係者の方も、日本の損失にならないような結論を出していただきたいと心から願っています。


-------------------------------------------------------―----
発展繁栄の経営コンサルタント 古賀光昭の公式サイト

人々が「お金の不安をもたない社会を作る」のが私の夢です。
貴社の経営を全力でサポートします。
ぜひ一緒に仕事をしましょう! 

-------------------------------------------------――――----

いつも応援クリックしていただいて、ありがとうございます。皆様の応援が大きな力です。心から感謝申し上げます!
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<中学時代の小さな思い出 | ホームへ | 年始のご挨拶>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1559-8ba4e513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)