タイトル画像

歯科医院の経営について

2015.12.01(23:56) 1549

今日は歯科医院の経営について考えてみます。

私が利用している歯医者さんは、定期健診というのがあり、「4カ月に一度来院してください」というハガキが来るんです。

歯医者に行くこと自体は嫌ではないのですけど、電話して予約をするのが面倒なんですね(笑)。

「いついつが空いていますか?」と聞いて、空いていないと、別の日にちに設定する「やり取り」がなんかおっくうになるんですよね。

定期健診の患者については、「すぐ明日見てください!」というものではないので、ネット予約ができるといいですよね。

空き時間がネットで確認できて、そこに予約ボタンを押せば、それでOKみたいな。

そこで私の住んでいる柏市の最寄り駅、北柏で歯科医院の総合検索サイトを調べてみました。

そしたら、北柏駅を最寄りの駅とする歯科医院が14件サイトに載っていて、そのうちネット予約できるのは1件だけでした(笑)。

少ないですよね。北柏駅は小さな駅なので、柏駅で調べました。すると95件ヒットして、うち24件がネット予約できました。それでも四分の一ですよね。

柏駅って、結構大きな駅なんですよ。それでも、四分の三の歯医者さんが、ネット予約ができないんですね。


また、先に書きましたが、定期健診のお知らせハガキも、メール登録をしておいて、メールしてくれた方が楽ですよね。

そして、そのメールに、診察の空き情報が分かって、そのまま予約できるなら便利です。

患者さんに「定期健診のお知らせをして、予約もできますから、アドレスを登録していただけますか?」とお願いしたら、アドレス登録してくれると思うんですけどね。


それから、歯科医院の先生は、企業で言うと、専門職兼経営者ですよね。

患者さんの歯を治療しながら、歯科医院の経営をしているわけです。

スタッフ採用から、スタッフ教育、投資の判断、資金繰り、マーケティングまで、はっきり言って、歯を治療する専門職の方がやるには荷が重すぎます。

経営の補佐役を置いて、歯科治療以外の部分をカバーするようにした方がいいでしょう。

ただし、これもコツがあって、お金の出と入りは必ず見るようにすることと(資金繰り表を作ることはしなくても、お金の流れを確認しておくことは必要です。これをしないと失敗します)、スタッフとのコミュニケーションはとっておくことです。

何か参考になれば幸いです。

-------------------------------------------------------―----
社外の総務部長代理 古賀光昭の公式サイト

従業員が30人規模の社長の皆様へ
古賀光昭が、社外No.2の総務部長として、貴社の経営を全力でサポートします。
ぜひ一緒に仕事をしましょう! 

-------------------------------------------------――――----

いつも応援クリックしていただいて、ありがとうございます。皆様の応援が大きな力です。心から感謝申し上げます!
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<二者択一の質問に対して、私が出す答えは? | ホームへ | 心の使い方によって低成長時代を上手に生きていく>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1549-3301292c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)