タイトル画像

心の使い方によって低成長時代を上手に生きていく

2015.11.30(21:33) 1548

11月28日に日経新聞に「雇用増、消費に直結せず」という記事が出ていました。

雇用指標は改善しているのに、個人消費が増えていない模様です。

記事では、非正規労働者が多く、賃金の上昇は限定的であり、食品の値上げで節約志向が広がっているということでした。

確かに、そうした要因が考えられますけど、もう一つ大きいのは「将来に対する不安」でしょうね。

今の20代、30代などは、年金がどうなるか分からないと思っているでしょうし、今の仕事が安泰だと思っていないでしょうし、老後のことを考えたら”貯金をしよう”と思うのでしょう。


内需は加速度的に年々減っていくでしょうね。

それでも寿命が延びる分、医療費は増えて、社会保障の負担は増えていくでしょうが、経済全体としては縮小していくことになりますよね。

だから、病気をしない、介護状態にならないということが、とても価値のある社会になるでしょうから、健康志向がますます強くなると思います。

また、身体の健康には「心」が大きく関係しているということが、今後さらに解明されるでしょうね。

どういった心の持ち方なら健康でいられるのか、どういった心境だと成功するのかなど、心の力の使い方によって「低成長の時代」を上手に生きていく方法を学ぶようになる気がします。


-------------------------------------------------------―----
社外の総務部長代理 古賀光昭の公式サイト

従業員が30人規模の社長の皆様へ
古賀光昭が、社外No.2の総務部長として、貴社の経営を全力でサポートします。
ぜひ一緒に仕事をしましょう! 

-------------------------------------------------――――----

いつも応援クリックしていただいて、ありがとうございます。皆様の応援が大きな力です。心から感謝申し上げます!
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<歯科医院の経営について | ホームへ | 金本知憲監督のトークショーに参加しました!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1548-aa6c069f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)