タイトル画像

大学生の娘と話をした「入りにくい飲食店」

2015.11.03(22:05) 1535

大学生の娘と、「入りにくい飲食店」について話した内容を紹介したいと思います。

ここでいう飲食店は、ミスタードーナツやマクドナルドのようなものから、カフェ、軽く食事をするお店、喫茶店のようなものだとイメージしてください。

娘いわく、「外から値段の分からない」店には入らないと。

これは、大学生のように「そんなにお金を持っていない立場」の者が、店に入ってしまって、高いお金を払うリスクを避けるためだそうです。

「入ってしまって、高い物ばかりだったら、嫌でしょ」と言っていました(笑)。

そして、ちょっと小腹がすいて、「ちょっとだけ食べようかな」というときや、バスを待つ時間など、ちょっとした時間潰しに飲食店に入るときに、100円そこそこで、食べられるものがあると、有難いって言ってました。


また、「外から見て店内が見えない店」は入らないと言ってます。

まったく中が見えない店は怪しいので当然でしょうけど(笑)、娘が言っているレベルは店内が薄暗い店も入っているんですよね。

ららぽーと柏の葉に、そうした「薄暗いカフェ」があるんですが、私も入ったことないですし、娘も、「雰囲気づくりで暗くしているのかもしれないけど、入らないね」と言ってました。

親子だから感覚が似ているのかもしれませんが、同じように入りにくいと感じていたようです。

お店の人は、このようにお客さんに思われていることを気付かないのでしょうね。

<続く>

-----------------------------------------------------
社外の総務部長代理 古賀光昭の公式サイト

社外の総務部長代理として、貴社の経営をサポートします。
経営に安心を与える、社長のパートナー、経営コンサルタント古賀光昭の公式サイトです。 

-----------------------------------------------------

いつも応援クリックしていただいて、ありがとうございます。皆様の応援が大きな力です。心から感謝申し上げます!
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<来てほしいお客様にメッセージを送る | ホームへ | 子供が小さいときは、一瞬>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1535-00a0622f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)