fc2ブログ


タイトル画像

子供が小さいときは、一瞬

2015.10.24(19:19) 1534

少し前に、夜ご飯の買い物に家内に付き合ったときのことです。

その日は雨が降っていて、歩いてスーパーに向かっていると、前を幼稚園児くらいの女の子と母親が歩いていました。

雨が降っていたのに、母親の方は傘を持っていない手でスマホをしていました。

女の子は母親に何かを話しかけていましたけど、スマホに気が取られていたのか、少し上の空で話している様子でした。

そして、私たちがスーパーから帰ろうとすると、スーパー内にある「ドムドム」で先ほどの親子が軽食を食べていました。

もう一人お子さんが増えていたので、どこかにお子さんを迎えに行って、帰りに何かを食べていたのでしょう。

そしたら、母親の方は、子供たちが食べている間も、スマホを素早くいじっていました。ゲームをしていたのか、メールを送っていたのか分かりませんが、子供たちのことは置いていたような感じを受けました。


それと似たようなケースですけど、打ち合わせが朝から午後2時頃までになったときに、遅い昼ご飯を食べるときがあって、スシローに寄ったときです。

店内は空いていて、私の横に幼稚園児くらいの女の子と母親が食事に来ていました。

母親はスマホに集中していて、女の子は黙って寂しそうに食べていたんですね。

真横だったし、何かその風景に違和感を感じたのを覚えています。


私は、子供が小さい時って、一瞬だと思うんですよね。

小さい時って、世話を焼いたり、聞き分けが無かったり、大変なこともあるんですけど、子供が幼くて、可愛い時期って、そんなに長いもんじゃないって思います。

そら、何歳になっても、子供は子供だし、可愛いでしょうけど、幼いときって、結構貴重な時間なんですよね。

私もそうでしたけど、その時は貴重な時間って、分からないんです。

子育ては、大変なことも多いし、自分自身も若いので、興味関心のあることが子供以外にもあるんですよね。

だから、子供以外のことに時間を使ってしまうんです。


でも、子供が20歳になって思うのは、子供たちが小さかった頃に、もっと触れ合う時間を取ったり、会話をする時間を持ったりすれば良かったということなんです。

(ちなみに、昨日のブログの「過去の後悔」は、このことではありませんよ)

スマホは楽しいんでしょうけど、子供さんとの時間はかけがえのないものですよって、思うんですよね。
関連記事

世界を変える企業家たちへ



<<大学生の娘と話をした「入りにくい飲食店」 | ホームへ | 何かを気づかせるような出来事>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1534-d252dc3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)