タイトル画像

4月の経済指標に驚きました

2015.05.30(19:57) 1512

4月の経済指標が発表されました。少し驚いた数字があります。

1世帯当たり消費支出です。

4月は前年同月比、1.3%減です。

前年同月というと、消費増税の駆け込み需要の反動減と言われた去年の4月です。

その4月よりも1世帯当たりの消費が減っているというデータが出ました。

消費税増税前に駆け込み需要があって、4月に消費が落ち込むのは分かりますが、今年の4月はそういった要素はありません。

円安によって輸入物価が上がり、一部商品の値上がりが起きているにも関わらず、消費が減っていると言うことは、家計は相当節約しているということですね。

将来に対する不安があってお金を使わないようにしているのか、買うものを絞り込んでいるのかは分かりませんが、個人消費が低迷していることは、日本経済にとって良いことではありませんね。

今の経済政策なり、企業経営なり、何か間違っているのでしょう。


日本政府は国民に対して、将来に希望を持てるメッセージやビジョンを出すべきですね。

企業には経営計画書という手段があり、将来のビジョンを社員に分かるように伝える方法があります。

日本政府も、国民がお金を使っても安心できるような国家の大計を出す必要があると思います。

また、行き過ぎた円安政策は辞めた方がいいですよね。

なんにせよ、人々の意識の変化に経営者は注意をしないといけませんね。


-----------------------------------------------------
経営コンサルタント 古賀光昭の公式サイト

社外No.2の幹部社員として、総務部長代理として、貴社の経営をサポートします。
経営に安心を与える、社長のパートナー、経営コンサルタント古賀光昭の公式サイトです。 

-----------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。皆様の応援が大きな支えです。感謝してます!


関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<阪神対ロッテ、勝った気がしない試合 | ホームへ | 経営計画書をぜひ作ってみてください>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1512-30fe79a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)