タイトル画像

物価上昇率の見通しと韓国のこと

2015.05.01(22:35) 1504

日銀が平成27年度の物価上昇率の見通しを1%から、0.8%に引き下げました。

日銀は2年前から、2年程度を念頭に2%の物価上昇率を達成すると言ってきたのですが、現実には達成できないことになりましたね。


ゆるやかなインフレが経済にとっても、生活している人にとってもいいのでしょうけど、結局はデフレの方向へ向かっていくのではないでしょうか。

大規模な戦争が日本で起きたら話は別ですけど、東日本大震災が起きても、日本はインフレにならない国です。

技術力は進歩しますし、生産性も時間が経てば上がっていきます。

そうすると過去よりも効率よく物が生産されますし、サービスのスピードも上がっていくので、物の値段が下がっていくでしょう。

輸入品の値段が上がって、一部商品の値上げが起きていますけど、企業は工夫をしますので、より安く仕入れるルートを探すか、代替品を創り出すので、長期的にはデフレになっていくだろうと思われます。



ところで、安倍総理がアメリカを訪問しています。

様々な意見はあるかと思いますけど、「やっと日米の戦争が終わり、本当の戦後になったのかな」というのが私の感想です。

また、日米ガイドラインは思い切ったことをしましたね。世界の警察の一部ですか。国民は支持するのでしょうか。

私は、中国は5年以内に省単位に分裂するか、革命が起きて政権が変わると思っていますので、中国が倒れ、北朝鮮や韓国が倒れた後、アメリカは日本を敵にするのではないかと心配しています(笑)。


それにしても、不思議なのは、最近のマスコミでは「中韓」と、中国と韓国が一括りに報じられることです。

反日の国として「中韓」で一つになっていますよね。

韓流ブームに沸いたのはそんな昔ではないですよね。

「韓国に学べ!」とか、「サムソン絶好調!」とか言って絶賛していたのは、つい最近ですよ。

それが今や中国と一緒の反日の国と報じられています。

そして、アメリカは韓国を見捨てたようです。

今年、アメリカ軍が韓国から撤退する予定ですが、来年韓国はどうなるのでしょう?

大変なことが起きそうですね。


-----------------------------------------------------
経営コンサルタント 古賀光昭の公式サイト

経営コンサルタントであり、組織リノベーションコンサルタント
古賀光昭の公式サイトです。 

-----------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。皆様の応援が大きな支えです。感謝してます!


関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<ニューヨーク白熱教室は知的刺激があります | ホームへ | ポール・マッカートニーさんのコンサートへ行ってきました>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1504-ad9398a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)