タイトル画像

自分の肉体も肯定する

2015.02.20(19:57) 1495

以前のブログに「過去から現在までの自分を徹底的に肯定する」話を書いたことがあります。今日はそれに関連して、気づいたことを書いてみます。

自分を肯定する、あるいは、自分を認めることを心に決めた後、お風呂でシャワーを浴びてました。

すると、突然ある思いが湧いて来たのです。

それは、「自分の肉体も肯定する」という思いです。

ほとんどの人が持っていると思いますけど、自分の身体(からだ)についての不満ってありませんか?

例えば、「顔がどうたらこうたら」とか、「髪の毛がどうたらこうたら」とか、「足の長さがどうたらこうたら」とか、「つくところに肉が付かないで、要らないところについている」だとか、人によって身体の不満や悩みってあると思うんです。

私も色々とありました(笑)。


でも、自分を肯定することを思っていると、自然な感情として、自分の身体、肉体も同じように肯定する思いが出てきたんですね。

だから、私の場合、シャワーを浴びながら、自分の身体を肯定する思いが湧いて来た時に、「今までごめんな」と自然に自分の肉体に謝っていました。

そして「今まで有難う。これからもお世話になるけど、よろしくお願いします」とお礼を言いました。


自分の容姿に不満がある人って多いと思いますけど、考えてみたら、そう思われている肉体って「かわいそう」ですよね。

「僕は自分の肉体が嫌いです。でも、あなた(異性の誰か)は、僕を好きになってください」と思っても、無理がありますよね。

「なんで自分が気に入らないものを、私に勧めてるの」って、なりますよね。

まず、本人が自分の肉体に感謝して、大切に思ってあげることが大事なんじゃないかなと思います。


それからですね、鏡に映る自分を見て、「老けたなぁ」なんて、決して口に出したり、思ったりしたらダメですよ(笑)。

「おお!いつも若いな!」とか、「いい女じゃん!」とか、いい意味で笑える言葉を言ってくださいね。

言葉に出すと、思わず微笑んでしまうような言葉を鏡の中の自分に言ってあげてください。

-----------------------------------------------------
経営コンサルタント 古賀光昭の公式サイト

経営コンサルタントであり、組織リノベーションコンサルタント
古賀光昭の公式サイトです。 

-----------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。皆様の応援が大きな支えです。感謝してます!


関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<春季キャンプでの岡田彰布元監督のコメント | ホームへ | 経営にも人生にも使える方程式とは>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1495-94a99c15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)