タイトル画像

女性にモテる方法を考えてみた  その1

2015.01.09(14:48) 1473

20代の青年から次のようなお願いがありました。

「古賀さん、ブログに”女性にモテる方法”を書いてくださいよ」

「ちょっと待って!そんなんモテてない人間に書けるわけないやん!」と言いますと、

「いや書けるはずです!」と、念を押され、今回トライすることになりました(笑)

まぁ、今の家内に出会うまで、失恋と片思いを繰り返してきた私(笑)は、失敗談として反面教師になるかもしれません。

みなさんと一緒に考えてみるということで、この難関に挑んでみたいと思います。


まず高校時代を思い出したいと思います。

私の通った高校では、毎年4月にクラス分けがありました。

誰と一緒になるか、嫌な男(やつ)と一緒になるのではないかとヒヤヒヤするものですが、もう一つのというより「一番の楽しみ」は、”どんな可愛い子がクラスにいるか”ということだと思うんです。(笑)

1年間が暗闇で終わるか、輝きで終わるかどうかは、クラスに「心がときめくような素敵な女子(ひと)」がいるかどうかでしょう。


悪く誤解されてはいけないのですが、必ずクラスに一人は「いいなぁ」という女性がいるものです(男性諸君、そうだよね?!)

となると、高校時代に少なくとも3人”素敵な人”がいることになりますが(笑)、当時の私はまったく勇気がなかったので、「愛の告白」なんてワザは持ち合わせていませんでした。

要するに「待ちの姿勢」ですわ。そりゃ、あきませんわ(笑)


なんだかんだと言って、女性にアクションを起こせない人はモテないと思います(笑)

アクションの内容は色々とあると思いますし、ここでは書きませんけど、彼女が出来ない人は「見てるだけ~」の人がほとんどだと思います。

自分では「あなたが好きなんだ」オーラを出しているので、「相手に気づいてよ」と思っているかもしれませんけど、そんな他力本願ではあきまへんで~!

これって、「女性から告白してもらおう」ということですから、その根性がアウトでしょ(笑) 違います?


告白して失恋するのが怖いのは分かります。

そやけど、失恋することより「自分の気持ちを相手に伝えなかったこと」のほうが後悔すると思いますけどね。

1回断られても、もう2回くらい”お願いをするくらいの気持ち”があってちょうどかなと思いますね。


ただねぇ、なかなかねぇ、頭で分かっていても、できないのが男なんですよねぇ。。。(経験談)

<続く>

-----------------------------------------------------
経営コンサルタント 古賀光昭の公式サイト

経営コンサルタントであり、組織カイゼンのスペシャリスト
古賀光昭の公式サイトです。 

初回のみ無料コンサルティングをやっています。

-----------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。皆様の応援が大きな支えです。感謝してます!


関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<女性にモテる方法を考えてみた その2 | ホームへ | 企業はこの2年が勝負である その4>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1473-b7d6d0d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)