タイトル画像

高校時代の友人、桂蝶六師匠

2014.11.20(23:38) 1452

私の高校時代の同級生で、プロの落語家になった桂蝶六(ちょうろく)師匠という友人がいます。

先日、東京で高校の同窓会があり、蝶六師匠と30年ぶりに会うことができました。

蝶六師匠の高校時代をあまり語ってはいけないと思いますので(笑)、少しだけ(笑)。

彼はやはり当時から面白い人でした。ただ、私の中では凄い努力家です。

落語研究会に入っていましたが、放課後の教室で机の上に座って、遅くまで、ひたすら稽古していた姿を思い出します。

確か高校もバイトしながら通っていた苦学生の面もありました。

でも、弱音のようなことを聞いたことは一回もありません。いつも笑顔で前に進んでいた印象があります。

根性のある男ですね。


高校を卒業した後、豊中市の庄内という場所にある”お寺”で落語をやっていました。私も何度か足を運びましたが、地味な場所で地道に本当によく頑張っていました。


ところで、30年ぶりに会った蝶六師匠には、包容力というか、器ができていた感じがしました。

一緒にいて話をしていても、凄く心地よい感じがしていました。おそらく、その場にいた他の同級生もそう思ったでしょう。

いつも人を笑わせたり、喜ばせたりすることを仕事にしているので、人を包み込むような器ができているのでしょうね。大したものだと思います。

私もマネできることはマネて、学ばせてもらおうと思っています。

-------------------------------------------------------------------------
経営コンサルタント 古賀光昭の公式サイト

社長専門のコンサルティングを行います。 

無料コンサルティングも受け付けています。お気軽にご連絡ください。

-------------------------------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。心から感謝いたします。
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<高倉健さんの映画で一番好きな映画 | ホームへ | 人生は「The Long And Winding Road」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1452-4b6fd41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)