fc2ブログ


タイトル画像

中小企業は総務部長代理を外部に依頼する方法もある

2014.09.08(23:07) 1426

ある社長にお聞きしたことなのですが、中小企業の経営問題は
核になる人材がいないということでした。

その社長が「核になる人材」を例えで言われていたのは、「一を聞いて十を知る人」と形容されていました。

これは、社長がいちいち言わなくても、自ら動いてくれて、現場を任せられる人のことだと思います。

そして、その社長が言われていたのが、「総務部長の代理みたいな仕事を受けてくれる人がいたら助かると思う」ということでした。

具体的に説明しますと、週に2回ほど出勤して、総務、人事、経理を部長の決済権と同時に責任までを持って見てくれる人がいると社長の仕事がだいぶ助かるということです。

部長職の社員を雇うと、それなり費用がかかります。社会保険料もバカになりません。

それに、総務部長が毎日出勤して、一日中座っている必要があるかというと、中小企業ではそこまでは必要はない所も多いでしょう。

そうなると、毎日ではなく、週に2日なりを外部のコンサルタントや専門家(社労士、税理士等)、あるいは定年になった人などに来てもらって総務部長をやってもらえれば、費用的にもいいのではないかというアイディアでした。


中小企業では、管理部門を任せられる人がいない会社が多いかと思います。

そうした会社では、週に2日又は3日管理部門を任せられるような人に来てもらって、対応してもらってはいかがでしょうか?

社員を雇うより、相当コストダウンできると思うので、検討すると面白いと思います。

なお、支払う費用については、出勤日数と責任の大きさによって決定するといいでしょうね。
関連記事

世界を変える若き企業家たちへ



<<阪神よ!いい負け方と悪い負け方があるで! | ホームへ | 阪神見てたら、くだらない短歌でも詠わなしゃあない>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1426-c8bf6bdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)